流行性髄膜炎リュウコウセイズイマクエン

細菌性髄膜炎の1つで、髄膜炎菌の感染でおこります。伝染性が強く、知能低下などの後遺症を残すことがあり、乳幼児やお年寄りは生命にかかわる危険が高い病気です。 冬から春にかけて流行しますが、近年は、まれになった病気です。 細菌性髄膜炎の症状のほかに、皮膚に紅斑(こうはん)や丘疹(きゅうしん)などの発疹が出たり、腰痛や下痢がおこります。 全身症状が強く、皮膚や副腎(ふくじん)から出血してショック状態におちいる場合は、ウォーターハウス・フリードリクセン症候群といいますが、最近ではみられなくなりました。 細菌性髄膜炎と同様の治療を行ないます。

流行性髄膜炎の初診に適した診療科目

流行性髄膜炎の専門外来

流行性髄膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ