子宮下垂シキュウカスイ

子宮下垂はどんな病気?
子宮下垂とは、子宮が正常な位置から膣に沿って降下してしまった状態です。その中で、子宮が膣から出てしまう状態を子宮脱といいます。特に症状がなければ治療を行う必要はありませんが、放置するとひどくなる場合があるので便秘や肥満の改善をし、骨盤底筋を鍛えるなど、それ以上悪化しないようにする事が大切です。尿もれや排尿困難などの症状や子宮脱がある場合は治療が必要です。


子宮下垂の症状
子宮は尿を溜める膀胱と便を溜める直腸の間に位置しています。子宮下垂になると、一緒に膀胱や直腸も引っ張られて下降することがあります。そのため、軽度の場合は無自覚な人がほとんどですが、程度が進むと、膣内の圧迫感や腹痛、腰痛だけではなく、便秘や排尿困難、頻尿、尿失禁といった症状が出てきます。下垂が重くなると子宮脱という状態になります。

子宮下垂の原因
子宮下垂は、骨盤底筋群の力が 弱くなることによって起きます。骨盤 底筋を傷めたり骨盤底筋が緩んでしまう事を繰り返している人はなりやすいのです。 原因としては、太り気味の人 や便秘のときが多く強くいきんで排便している人 、三人以上産んだことがある多産の人、 3500グラム以上の赤ちゃんを産んだこ とがある人などがリスクが高いとされています。

子宮下垂の検査と診断
子宮下垂の検査方法は、とても簡単で、ちょっとした診断ですぐに判断を下すことができます。たとえば視診であれば、内部を見ることによってわかりますし、内診であったとしても、いろいろな症状を見ればわかるのです。人間の体は、多少なりの腹圧が加えられたからとって動じるということはまったくありませんが、こうした病気になってしまうと多少の腹圧でもすぐにわかる変化が現れるのです。

子宮下垂の治療方法
子宮下垂の治療法は腟の中に軟らかい材質で作られているペッサリーを挿入して、下の部分から子宮を支えることで垂れている子宮を元に戻す方法がとられているのです。ペッサリーを適切な大きさのもを選んで装着することで、異物感を感じることもないのです。装着し続けることは出来ませんので、定期的に病院でペッサリーの消毒と装着し治す必要があります。

子宮下垂の初診に適した診療科目

子宮下垂の専門外来

子宮下垂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ