急性腎盂腎炎キュウセイジンウジンエン

急性腎盂腎炎はどんな病気?
急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは細菌感染を原因とする腎盂および腎実質の炎症のことをいいます。症状として、発熱や腰背部痛、悪心、CVA叩打痛、白血球尿、細菌尿などがみられ、さらに容易に敗血症(はいけつしょう)や播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん、DIC)、急性呼吸窮迫症候群(きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、ARDS)を起こすことがあります。

急性腎盂腎炎の症状
急性腎盂腎炎は、細菌が尿路を通じて腎臓や腎盂に感染・炎症し、急激に悪寒、震え、発熱、背中から腰にかけて激痛が走るのが主な症状です。あまりの痛さによって吐き気や嘔吐することも珍しくはありません。また、尿が濁っていたり、頻尿、残尿感あったりと膀胱炎のような状態になったり、尿に血が混じったりすることもあります。病巣がある側の背中を叩くと痛みがあるのも特徴です。

急性腎盂腎炎の原因
尿道から入り込んだ細菌が、膀胱から逆流した尿にによって腎臓へ運ばれてしまい、腎盂などに感染してしまうのが急性腎盂腎炎の原因です。感染する細菌は、主に大腸菌、緑膿菌、グラム陰性菌の仲間がほとんどを占めています。一般的には、ほとんどが大腸菌の感染によるものとされています。また、尿路の流れが悪くなる病気を持っている場合、この病気になる可能性が高くなります。

急性腎盂腎炎の検査と診断
急性腎盂腎炎の検査方法としては、尿検査で白血球や細菌の有無を調べます。細菌が確認されたなら種類と量を調べるために、尿の細菌培養検査と、各種抗菌剤の感受性検査をします。また、血液検査で白血球の増加、赤沈の亢進、CRPの検査をおこないます。尿路に異常や通過障害がないかを調べるために静脈性腎盂造影や膀胱造影、CTスキャンなどの検査もおこないます。

急性腎盂腎炎の治療方法
急性腎盂腎炎は普通、無菌状態の尿、尿管が、尿道から細菌が入った為に発生する病気です。38度から40度の高熱と、左右どちらかの背部痛があり、尿は白血球により混濁しています。吐き気や嘔吐を伴うこともあります。治療法は尿の細菌培養検査で適した抗生物質を1~2週間投与します。膀胱炎が起こっている間は排尿痛や違和感、頻尿などがあります。水分の補給が必要です。

急性腎盂腎炎の初診に適した診療科目

急性腎盂腎炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ