神経性頻尿シンケイセイヒンニョウ

神経性頻尿はどんな病気?
神経性頻尿は深刻に考えるべき病気ではありません。神経性、つまり心的なストレスなどによって発生する頻尿の事を言います。心的な不調は身体に悪い影響をもたらすことが近年の研究でわかっていますので、この症状もその一種だと言えます。しかし、寝ているときに突然出てしまうような、いわゆる失禁のような症状ではありませんので、そこまで深刻に考える必要はありません。

神経性頻尿の症状
神経性頻尿の症状は、心身的に不安定な状況、緊張したり情緒不安定な状況下での頻尿や、残尿感です。緊張するとトイレに行きたくなる、といった経験は多くの人がするものですが、それが更にひどくなった状態で、授業中や勤務中、電車、車での移動中など、頻繁に強い尿意が起ります。失禁は見られず、また、就寝中や、自宅など自身がリラックスできる環境下では起りません。

神経性頻尿の原因
神経性頻尿の原因は、精神的な緊張です。仕事中や勉強中など、何かをしなければならないときにトイレに行きたくなったり、膀胱が気になりトイレの事に注意が向いてしまうなどが、発病する要因となっているようです。普通なら、一時的な事と忘れてしまうのですが、それがずっと心にひっかかってしまい、心と体のバランスが乱れてしまうからです。

神経性頻尿の検査と診断
検査方法には、まず 原因がほかの病気である可 能性を取り除きます。この場合、頻尿だけで、痛み、、失禁などの症状がなく、尿検査でも異 常がありません。 脳血管障害やパーキンソン病などでは、頻尿がおこりますが、こ の場合は、原因が容易に判断できます。 場合により、婦人科に特有の病気などが原因であ る場合もあります。これらの可能性がまったくないとな れば、神経性頻尿と診断されます。

神経性頻尿の治療方法
神経性頻尿とは、自律神経が過敏となった状態で意識しなくても尿意が一日に何度も起きる症状のことをいいます。この病気の治療法としては、自律神経を整えるために休養をとることが最も有用な治療となるのです。泌尿器科で治療を受けるよりも神経内科を受診して治療を受けてみるほうが効果が高いはずです。まずは医療機関を受診してみることがいいはずです。

神経性頻尿の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

神経性頻尿に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ