たむしタムシ

たむしはどんな病気?
たむしとは簡単に言えば、足、爪、股以外のからだの部分にできる水虫のことです。ただ単に症状がからだのどの部分に感染が起こっているのかによって呼び方が変わるだけのことなのです。水虫、すなわちカビの一種である白癬菌による感染で炎症を起こしている部位が足ならば単に水虫と呼ばれ、爪ならば爪水虫、股ならばインキンタムシと呼ばれます。

たむしの症状
たむしによる症状には個人差がありますが、ほとんどの方に共通して言えることはとても強いかゆみが現われるということです。初期は蚊に刺されたような赤い斑点が皮膚の表面で少し張れた状態になっています。このまま治療せずに放置したままにしておくと炎症が悪化してかゆみはもっと強くなり、赤い斑点も同心円状にどんどん大きく拡大してきます。

たむしの原因
たむしの原因は水虫と同じ白癬菌によるものです。ですから足の水虫を放置しておいたままだと罹りやすくなります。また日常的に汗をたくさんかくかたや、不衛生にしているかたも発症しやすいです。とくに夏場は高温多湿のため、プールや温泉、海水浴場などで感染しやすくなります。白癬菌は皮膚の角質層に寄生し、汗や皮脂、古い角質などを栄養源にしながら増殖していきます。

たむしの検査と診断
たむしの検査方法は、触診と視覚的な検査に限られているのが現状です。ステロイド薬などを使用すると、晴れただれてしまう場合などもあり、市販薬の使用によって症状が悪化し、それによって実は出来ものではなかったと判明する場合もあります。自宅で市販薬を塗ることで症状の見分けが可能ということですが、病院にかかるのが一番の検査の手段となります。

たむしの治療方法
たむしの治療法は、ほとんどがクリームや軟膏タイプの塗り薬を使用して治療します。患部表面に生息している白癬菌と呼ばれるカビの一種を根絶する事が大切であり、毎日1回を同じ時間に塗り続ける事が大切です。数カ月程度かけてやっと治ったと思っても実は治っていない事があるので、経過観察を兼ねて患部に薬を塗り続けるようにして念入りな治療をするようにしましょう。

たむしの初診に適した診療科目

たむしに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ