肺がんハイガン

肺がんはどんな病気?
肺がんとは肺の中にできた悪性の腫瘍、つまり一部の細胞が、がん化したものの事を言います。三大症状があり、せき、たん、血たんがあります。また、胸の痛みや息切れ、声のかれなどもあります。主な治療法は、切除する方法が一番良いと言われています。予防方法は主に禁煙が重要ですが、症状が無くても定期的な検診で早期発見することも大切です。


肺がんの症状
肺がんの症状は、一か月以上続く咳、痰、血痰、胸痛、呼吸が苦しくなる等の呼吸器の不調に表れます。また、レアケースではありますが、他の箇所へのがんの転移によってがんが発見される場合もあります。気管、気管支に発生するものは早期に発見される場合が多いですが、肺の末梢に発生するものはがんが大きくなるまでわからないことが多く、注意が必要です。

肺がんの原因
肺がんの原因はいろいろありますが、第一にあげられるのがタバコです。しかし、タバコを吸わない人にも発症することが多く、女性ホルモンと空気中の汚染物質が危険視されています。エストロゲンの量が増えると、がんを発症する確率が高くなるほか、有害物質を肺に吸い込んだ時に発生する活性酸素によって、細胞が傷つけられてがんの発生する確率が上がるともいわれています。

肺がんの検査と診断
肺がんの原因はいろいろありますが、第一にあげられるのがタバコです。しかし、タバコを吸わない人にも発症することが多く、女性ホルモンと空気中の汚染物質が危険視されています。エストロゲンの量が増えると、がんを発症する確率が高くなるほか、有害物質を肺に吸い込んだ時に発生する活性酸素によって、細胞が傷つけられてがんの発生する確率が上がるともいわれています。

肺がんの治療方法
肺がんの有無を知るための検査方法はいくつかあります。排出される痰の中に異常性のある細胞が含まれていないかを調べる健康診断、痰内に異常性があった際により詳しく検査する識別検査、がんの疑いがあると診断された場合にがんであるということを確認する確定診断などがあります。それぞれの段階検査にはレントゲンや血液検査、CT検査などを使用してがんであることを診断します。

肺がんの初診に適した診療科目

肺がんの専門医

肺がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ