高脂血症コウシケツショウ

高脂血症はどんな病気?
血液中に溶けている脂質の値が通常よりも多い状態を高脂血症といいます。


高脂血症の原因
原因として最も深い関係にあるのは食事です。肉や卵、バターなどの動物性食品の脂肪の中に多く含まれる飽和脂肪酸やコレステロールが血中の総コレステロールの値を高くする働きがあります。また運動不足やカロリーの過剰摂取、遺伝による家族性の高脂血症などが原因となることもあります。

高脂血症の初診に適した診療科目

高脂血症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ