列序性母斑レツジョセイボハン

列序性母斑はどんな病気?
列序性母斑は表皮母斑の一種で、表皮部分に小さないぼのようなものが集まったザラザラとした湿疹と、茶色の変色が見られます。これが一定方向に線上に並んで生じると、列序性母斑と診断されます。出生時や乳児期に発見され、まれに悪性腫瘍を合併することがあるので、病院で検査を受けます。異常がなければ、経過を見ていてかまいませんが、見た目が気になる場合には、メスで切除するなどの治療が行われます。


列序性母斑の症状
列序性母斑は表皮母斑の一種であり生まれつき、もしくは乳児期にできた表皮部のあざであり様々な部分に白やピンク色の小さくて硬いいぼの様な塊が少し集まっていて、一定方向に沿って線上に分布することもあります。また、痒みや湿疹の様な症状を伴う場合もあります。稀に他の皮膚の悪性腫瘍と合併して生じる場合もあり、その場合は生まれつきできていたあざの大きさや形が変化して行きます。

列序性母斑の原因
列序性母斑の原因は、表皮ケラチノサイトが異常にできたしまうのが原因で生まれた時や、乳児期になりやすい病気です。ただ母斑が広がっていく病気なのですが、最初は気にならなくても次第に大きくなっていくため大人になった時のことを考えると取り除いておくべき病気と言えます。なぜそうなるのかの根本的な原因は分かっておらず、まだ防ぎようのない病気です。

列序性母斑の検査と診断
表皮母斑の検査方法は、皮膚科、皮膚泌尿器科、形成外科の医師による臨床所見が一般的です。いずれも特徴的な症状を示す為、専門医が診ることで列序性母斑であるかどうかの診断も容易です。診断を確定させる場合には、表皮母斑の組織の一部を採取し、病理組織学的検査を行います。体の片方に偏って母班が分布している場合は、表皮母班症候群を疑い、慎重に診断する必要があります。

列序性母斑の治療方法
列序性母斑の主要な治療法は、レーザー光線を活用したものや、手術による摘出などがあります。この治療は皮膚科や形成外科での専門的な処置が必要で、治療は症状に応じて異なるものとなり、この母斑を手術したりします。又、この疾患が脳への神経的な異常や、心臓や腎臓などといった臓器の機能にも影響を及ぼし、てんかんなどを起こすこともあるので、その治療も行います。

列序性母斑の初診に適した診療科目

列序性母斑の専門外来

列序性母斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ