実質性乳腺炎ジッシツセイニュウセンエン

実質性乳腺炎はどんな病気?
実質性乳腺炎は、感染性乳腺炎の一つです。乳汁のうっ滞などがあり、乳管口から上行性に乳管や乳腺実質に細菌感染をおこすものです。症状は、局所の発赤や腫脹、圧痛などの症状が強く、全身性の発熱や悪寒などの感冒様症状を伴うこともあります。起炎菌としては、ブドウ球菌や腸球菌などがあります。治療は、抗生剤や消炎酵素薬などの薬物治療が基本となっています。


実質性乳腺炎の症状
実質性乳腺炎とは、細菌の感染を原因とする病気で、乳頭の傷から細菌が侵入して引きお越こされます。症状は、高熱が出て乳房は大きく赤く腫れあがり、痛みと熱があり、触ると痛みを感じるしこりができます。治療は、局所を冷やし、授乳を中止することであり、症状が重い時は、抗生物質を内服したり、皮膚を切開して排膿しなければなりません。予防としては、乳房を清潔に保ち、乳房に傷が出来た時は早く手当てをするのが大切です。

実質性乳腺炎の原因
実質性乳腺炎の原因は、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌です。乳頭から化膿細菌が侵入して乳管炎を起こし、炎症が乳腺全体に及んだために起こります。産褥期においては出産で体力を消耗し、身体が弱まっているのも原因の一つです。子どもの歯が生えてくるのも、授乳の際に乳頭を傷つけ、傷口から細菌に感染するので実質性乳腺炎の原因となります。

実質性乳腺炎の検査と診断
実質性乳腺炎の検査方法は、産婦人科や外科などを受診し、触診と視診で見分けがほとんどつきます。押すと痛いしこり、慢性化して膿瘍がないかまでしっかり調べていきます。原因菌の特定はほぼしませんが、炎症反応で白血球数、赤血球数、血小板数などを調べるため、採血検査をします。これらの検査結果をトータル的にみて判断し、治療方法を特定していくのです。

実質性乳腺炎の治療方法
実質性乳腺炎の基本的な治療法としては薬物療法が一般的です。この乳腺炎の炎症があれば、授乳を止める事が必要で、炎症を抑えるため乳房を冷却させる事が大切です。又、炎症が重いようなケースでは、抗生物質を服用して、炎症を緩和させることが必要になります。そして、この乳腺炎で膿瘍ができているときは、病巣部分の皮膚を切開し、膿を除去する事が必要になります。

実質性乳腺炎の初診に適した診療科目

実質性乳腺炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

実質性乳腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ