悪性星細胞腫アクセイホシサイボウシュ

悪性星細胞腫はどんな病気?
悪性星細胞腫とは脳悪性腫瘍のことで、脳腫瘍のうち癌に相当するのが悪性星細胞腫です。脳腫瘍には、頭がい内圧亢進と、腫瘍ができた脳の部位によって、脳局所症状とがあります。脳腫瘍ではこれらの症状が段々に強くなってきますが、症状の進行が年単位とゆっくり進む良性の物とは違って、悪性星細胞腫の場合には月単位、週単位で急速に進行してしまうのが特徴です。


悪性星細胞腫の症状
脳を構成する細胞に由来する腫瘍が悪性星細胞腫です。症状は頭痛、嘔吐、めまいのほか、病巣が異常をきたすことによって、痙攣、手足のしびれ、知覚聴覚視野味覚などの障害、記憶力や判断力の低下など腫瘍の発生場所に影響される部位に症状がでます。部位によっては腫瘍が小さくても水頭症を引き起こす原因になります。頭蓋骨に水が溜まり圧力が高くなって脳ヘルニアを引き起こし意識障害や呼吸停止の原因になります。

悪性星細胞腫の原因
悪性星細胞腫の原因は、一般的に不明とされていますが、脳腫瘍や脳血管障害が原因である場合が多いです。特に、脳血管障害が原因で発症する場合が多いので、すぐに医師の診断を受ける必要があります。最近の生物学的研究によって、細胞腫の発生や悪性化には、DNA修復関連遺伝子や増殖因子などの多数の遺伝子の異常が関与していることが分かっています。

悪性星細胞腫の検査と診断
脳腫瘍の検査方法は、CTスキャンもしくはMRI検査、血液検査が通常です。熟練した専門医が診ることで、腫瘍の大きさや部位だけでなく、悪性星細胞腫かどうかの診断が可能です。CTスキャン、MRI検査ともに人体の断層写真を作りますが、MRIの方が人体への負担が少ない上に、より詳細な情報を得ることが出来ます。特定のホルモンを分泌する脳腫瘍が存在するため、血液検査による診断も並行して行います。

悪性星細胞腫の治療方法
悪性星細胞腫の治療法としては、手術により可能な限り腫瘍を摘出し、病理診断後に放射線治療や化学療法を行います。病理診断が難しいため、脳腫瘍の詳しい病理医の協力が欠かせません。手術後、早期に放射線治療を行っているところが多いです。化学療法は白血球減少による合併症の心配や、悪心、嘔吐、便秘などの副作用があるものがあり、専門医とよく相談しながら治療することが必要です。

悪性星細胞腫の初診に適した診療科目

悪性星細胞腫の専門外来

悪性星細胞腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ