金属アレルギーキンゾクアレルギー

金属アレルギーはどんな病気?
金属アレルギーは主に肌に金属が触れて起きます。 汗などの影響で金属の一部が溶け出してイオン化し、体内のタンパク質と結合してアレルギーの原因物質に変わります。この物質に対し、体内の免疫細胞は敵とみなし、攻撃・排除しようとし、その金属が触れるたびにアレルギー反応が起きることを言います。


金属アレルギーの症状
症状は主に皮膚に現れ、金属が触れた肌が赤く腫れ、かゆくなったり、発疹ができたりすします。金属に直接触れていない手足などに水疱や膿がたまったり、体に少し盛り上がった発疹ができたりするケースもあります。口の中の粘膜や舌に白いコケのようなものができたり、口内炎や唇が腫れたりする人もいます。

金属アレルギーの原因
原因となる金属は人によってまちまちですが、最も多いのがニッケルで、コバルトやクロム、パラジウム、水銀などもアレルギーを起こしやすいです。金やプラチナ、銅でもまれに発症します。

金属アレルギーの初診に適した診療科目

金属アレルギーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ