固定じんま疹コテイジンマシン

固定じんま疹はどんな病気?
固定じんま疹はごく一般的な蕁麻疹とは違い、虫に刺されたところが過敏に反応して発症する場合と、皮膚炎と同じだという説もあります。初めは小さい吹き出物のような物ができ、かいているうちにだんだん大きくなり固い状態になります。かゆみは強く、成人女性に多いのが特徴です。治療は薬を塗りますが、注射による対処法も有効な場合もあります。


固定じんま疹の症状
固定じんま疹と聞くと、通常のじんま疹を想像するかもしれませんが、固定じんま疹とは、いわゆる「じんま疹」とは全く異なる仕組みで起こる皮膚疾患です。固定じんま疹の症状は、丸く硬い膨らみが皮膚にできて、かかずにはいられないほどの強いかゆみを伴うものです。かくと症状が悪化してしまうので、かゆみを抑える薬を内服するのが一般的です。

固定じんま疹の原因
固定じんま疹が起きる原因は不明ですが、アレルギー反応の一種と考えられています。そして一般的に見られるのが、夏の間、やぶ蚊やぶよに刺された跡がいったん治って、1~2か月後にそこの皮膚の部分がだんだん硬くなって結節を作ってくる形のものです。その他、糖尿病や肝臓病、胃腸障害、血液疾患などに伴って引き起こされる場合もあります。

固定じんま疹の検査と診断
固定じんま疹の検査方法は他のじんま疹同様それぞれの種類に特有の発疹の発生部位や経過から判断するケースが大半です。固定じんま疹は特に蚊やブユ、ヌカカ等の虫刺されの部位が悪化して生じる事が多く、特に夏は四肢の先や首など露出部分に良く発生するので、発生部位を検査する事で分かります。刺されてから時間が経つごとに酷くなり痒みが増す特徴もあり、それらも含め問診で判別可能です。

固定じんま疹の治療方法
固定じんま疹の主要な治療法は、薬物療法が基本となります。この疾患では抗ヒスタミン剤の服用が一般的な治療法で、呼吸に変調を来すような重症なじんま疹の場合には、ステロイドなどの薬剤を用いて症状を緩和させることもあります。又、このじんましんの症状に応じて注射も効果があり、患者様の体調の変化を観察しながら適切な治療が行われています。

固定じんま疹の初診に適した診療科目

固定じんま疹の専門外来

固定じんま疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ