ミドルエイジ・シンドローム

ミドルエイジ・シンドロームはどんな病気?
ミドルエイジ・シンドロームとは中年症候群のことであり、40代前後の中年のビジネスマンに現れる症状のことです。突然落ち込む例をさし、仕事熱心な猛烈社員に現れやすいです。昇進直後のプレッシャーなどが原因でうつ状態になる昇進うつ病、目標とした昇進の見込みがなくなることでなる昇進停止症候群、過度な働き方によってなる過剰適応症候群があります。


ミドルエイジ・シンドロームの症状
ミドルエイジ・シンドロームとは、ミドルエイジのサラリーマンが、職場の環境で起こす精神的な症状をあらわします。職場で与えられた地位に対して十分な仕事が出来ないと思い込んだり、また、どんなに頑張っても自分の望む地位が得られないと感じたり、自分のキャパシティ以上に仕事にのめり込んでしまったことによる反動などで抑うつ状態になります。

ミドルエイジ・シンドロームの原因
ミドルエイジ・シンドロームの原因には、中年のサラリーマンの勤続疲労が関わっています。長きにわたり働いてきた人がそれまでの勤続による疲労によりこの症候群を生じることが最も多い例として考えられています。働く会社内の環境や地位などが心身に大きなストレスとして負荷になることが具体的な誘因として多く挙げられており、職場環境が大きな要因となっています。

ミドルエイジ・シンドロームの検査と診断
ミドルエイジ・シンドロームというのは、中年の方などが心の病になる事で、うつ病などが一般的です。検査方法は色いろあるのですが、珍しい方法としては血液検査があります。心の病が血液で分かるのかと不思議に感じるかもしれませんが、わかるんです。これは、血液の中にある、エタノールアミンリン酸という物質の濃さを測る事で、診断する検査方法です。

ミドルエイジ・シンドロームの治療方法
ミドルエイジ・シンドロームの治療法は、自分が昇進をしたりしたときに身の丈に合っていないと思った時に起こる心の病気ですので、基本的に、自分の生き方や人生観の見かたの変え方によって直していくのがいいです。また、なんでも熱心に打ち込む人もかかるのでその場合は、息の抜き方を見つけるように探りながら直していくのが効果的だと言われています。

ミドルエイジ・シンドロームの初診に適した診療科目

ミドルエイジ・シンドロームの専門外来

ミドルエイジ・シンドロームに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ