先天緑内障センテンリョクナイショウ

先天緑内障はどんな病気?
先天緑内障とは早発型発達緑内障とも呼ばれます。先天的に眼球内の隅角に異常があり、房水を排出する機能に障害を生じ、眼圧が高くなる病気です。眼圧が上がると眼球が大きくなり、角膜が拡大した牛眼と呼ばれる状態になることが多くあります。他には、光を嫌う、涙が多い、まぶたのけいれんなどの症状で、比較的早期に発見されやすいのが特徴です。


先天緑内障の症状
先天緑内障は、生まれつき眼房水が排出される部分の発育が悪いために眼圧が高くなり、角膜や強膜に影響し黒目が大きくなるため、極端にまぶしがったり、涙が多くなったり、けいれんを起こしたりします。三歳児以下ではそのような症状があらわれますが、三歳児を超えるとそのような影響を受けないので、視力が低下することで発症に気づくことが多いです。

先天緑内障の原因
先天緑内障が起こる原因として、胎児の時に目の部分が成長する過程において、隅角という部分の発育の異常によって、眼圧が高くなります。房水が正しく排出する機能がなくなって、物を見る能力が機能しなくなる要因として起こる病気です。眼球に関する先天性の異常によって、目の状態が両眼性として眼科医に診断された人に起こりやすい病気です。

先天緑内障の検査と診断
先天緑内障の患者は乳幼児が多いため、正確な検査を行うに当たって、まず乳幼児を動かさないようにする必要があります。そのため、麻酔や睡眠薬を用いて、乳幼児を眠らせます。検査方法としては、眼圧検査、隅角検査、眼底検査が行われます。さらに、病状を詳しく検査するために、視神経乳頭陥凹の大きさや、角膜径の大きさを調べることもあります。

先天緑内障の治療方法
早発型発達緑内障のうち、生まれた時から起こっているもの=先天緑内障の治療法は、できるだけ早期の発見・そして迅速な受診と、生涯にわたる定期検査と弱視治療が必要です。薬物治療は効果が低く、治療には早急な手術(線維柱帯切開術または隅角切開術)が必要となります。複数回の手術が要ることもあり、また生涯にわたる経過観察が必要です。術後は眼鏡・アイパッチの装用による弱視への治療も継続されます。

先天緑内障の初診に適した診療科目

先天緑内障の専門外来

先天緑内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ