正乱視セイランシ

正乱視はどんな病気?
正乱視とは、眼球形状が球状ではなく、一定の方向にラグビーボールのような形でつぶれた形状になることで起こります。網膜上に結ぶ光の焦点が近く遠くに関わらず一定の場所で結ぶことがなく、物が二重にぶれて見えたり、ある方向にゆがんで見えます。しばしば近視ないし遠視と共に患いますが、その場合には近視ないし遠視の視力矯正だけでは満足のいく見え方が得られない場合があり、合わせて乱視の矯正が必要となります。


正乱視の症状
正乱視の症状は、通常の日常生活内にて視界が不明瞭になるほか、ものがぼやけて見えたり複数個に分裂して見える事があります。また、視力低下の懸念性も示唆されておりこの病気に疾患した患者は高確率で視力低下を招く可能性があります。常に視界が不明瞭なので、並行して頭痛や目眩も発症することがあり、その他脳機関にも影響を与える可能性があります。

正乱視の原因
正乱視の原因となるのは、角膜や水晶体が球状ではなくラグビーボールのようにゆがんでいるためです。後天性のものは横方向にゆがみが起こる頻度が多く、その理由として角膜は常に瞼に挟まれているため、目を使いすぎることで瞼に押されるような状況が続くことが考えられます。また、肥満により瞼の重量が増すと、更に乱視が進行しやすくなります。

正乱視の検査と診断
正乱視の検査方法は、レンズを使ったもの、他覚的屈折検査などがあります。レンズを使ったものが従来より、国内の眼科では一般化されています。視力検査も兼ねて行うので、その個人に合ったメガネ(あるいはコンタクトレンズ)を用意するためにも利用できるため利便性も高い傾向にあります。乱視かどうかを把握したいだけであれば、他覚的屈折検査が最適ではあります。

正乱視の治療方法
正乱視はレーシックで治療できます。治療は手術をするため、横になった姿勢で受けます。治療法は角膜中央部をレーザーで楕円形に削ります。遠視・近視のレーシック治療と比べて異なるのは、レンズを楕円形に削るために角度(軸)があるということです。レーザーの矯正軸を眼の乱視軸に対し、90度方向に回転させた角度に合わせてレーザーを照射します。

正乱視の初診に適した診療科目

正乱視の専門外来

正乱視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ