脳出血ノウシュッケツ

脳出血はどんな病気?
一般的に、脳出血が発生する原因は、精神的なストレスなどが蓄積された場合や、過労の影響によって血液の流れが悪くなった時などに発生します。このため、それらのことを防ぐ方法とは、ストレスを残さないようにする方法などを実践し、睡眠などの休息を十分に取る必要があります。また、血液の流れなどをよくするための食生活を行う必要があります。


脳出血の症状
脳出血の症状は、初期段階だと考えがまとまらなかったり目眩や立ちくらみを感じるだけですが、出血量が多いと意識を失い昏睡状態になります。言語不明瞭になるのが第一段階で、目眩を感じるのが第二段階、意識を失うのが第三段階で言語不明瞭の状態では疲れがたまっているだけだと思われがちです。意識が混濁してきて目眩がしたら典型的な状態です。

脳出血の原因
脳出血には主に二つの原因があります。一つ目は、高血圧によって動脈硬化がすすみ、次第に血管のしなやかさが失われて血圧の変化に耐えられなくなり、血圧が上がった時に血管が破れて出血してしまうということです。二つ目は、先天性の脳血管の病気です。例として、海綿状血管腫や脳動静脈奇形などがあり、これらが引き金となって症状を起こすこともあります。

脳出血の検査と診断
脳出血の検査方法には、脳を輪切りにした状態の画像を撮影できるCT検査が最も有効で、発病後数分以内には血腫が白く写り、3~6時間くらいで血腫が完成して、約1カ月で脳組織と同じ色に写るようになり、やがて脳組織より黒く写るようになります。脳動脈瘤や脳動静脈奇形・脳腫瘍による出血が疑われる場合には、脳血管撮影が必要となってきます。

脳出血の治療方法
脳の出血の範囲が小さい時の治療法は薬物療法をです。薬物療法によりさらに出血の範囲が大きくならないようにし、また脳がさらにしてしまうことを防ぎます。脳出血の薬物療法では薬により血圧をコントロールしたり、脳がむくむ脳浮腫や頭蓋骨の中の圧力が高くなってしまう頭蓋内圧亢進の解消、けいれんを抑えるなどを行います。血腫が小さい場合は時間をかければ吸収されるので、薬物療法により自然に消滅させることができます。

脳出血の初診に適した診療科目

脳出血の専門外来

脳出血に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ