腰痛(症)ヨウツウ(ショウ)

腰痛(症)はどんな病気?
腰痛(症)とは腰に痛みを感じる症状の一般的な名称です。原因としは腰部に負担がかかる事による神経等の障害、また腫瘍の可能性もあります。対処法としては数多くあります。ぎっくり腰などの場合には、最初に患部を冷やすことが重要になります。病院にいく場合には整形外科か針灸、接骨院にいくことです。整形外科の場合には手術やコルセットなどで直します。


腰痛(症)の症状
腰痛(症)と最も特徴的な症状は、文字通りその痛みにあるといえます。一言で痛みといっても、その程度や感じ方はさまざまで、急性の腰痛症の場合は比較的激しい痛みが生ずると言われており、それに対して慢性的な腰痛症の場合は、鈍い痛みが長く継続すると考えられています。どちらのタイプの腰痛であるかによって、その対処法が異なってくると考えられます。

腰痛(症)の原因
レントゲン撮影からは特に骨の異常を見つけることがないにもかかわらず腰の痛みを感じる、それが腰痛(症)です。その痛みは主に過労や姿勢から来る筋肉の疲労が多いのですが、それ以外も何かの病気のサインの場合もあるので、あまりにも長引く痛みが気になるようであれば、原因の根源の追究にレントゲン撮影以外の身体の検査をすることが良いかもしれません。

腰痛(症)の検査と診断
腰痛(症)の検査方法は、医師との問診と診察所見を中心に、レントゲン検査、CTスキャン検査、MRIスキャン検査などの画像検査が一般的に使用されます。レントゲン検査とCTスキャン検査では、骨に異常がないかどうかが確認できます。MRIスキャン検査では腰の神経の状態を細部まで見ることができ、椎間板や靭帯の状態もよく観察することができます。

腰痛(症)の治療方法
腰痛(症)の検査方法は、医師との問診と診察所見を中心に、レントゲン検査、CTスキャン検査、MRIスキャン検査などの画像検査が一般的に使用されます。レントゲン検査とCTスキャン検査では、骨に異常がないかどうかが確認できます。MRIスキャン検査では腰の神経の状態を細部まで見ることができ、椎間板や靭帯の状態もよく観察することができます。

腰痛(症)の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

腰痛(症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ