急性巨核芽球性白血病キュウセイキョカクガキュウセイハッケツビョウ

急性巨核芽球性白血病はどんな病気?
急性巨核芽球性白血病とは、急性骨髄性白血病(AML)をFAB分類により8つに分けられる内、M7に相当する白血病です。AMLの中でも発症率が3~5%と低くまれな疾患ですが、ダウン症候群の子供にしばしばみられる疾患です。治療は造血幹細胞移植、いわゆる骨髄移植が適応されます。症状は血が止まらない、あざができる、疲れやすい、なかなか下がらない発熱などがあります。


急性巨核芽球性白血病の症状
急性巨核芽球性白血病の主な症状としては、鼻血など出血が止まりにくくなることがあり、皮膚に紫斑や点状の出血ができます。又、この病気では風邪のように熱が下がらない、倦怠感、息切れ、貧血などがあります。この病気では診断で数値の異常が明確で、診断が遅れるほど白血病の細胞は増加し、肝臓やリンパ節などの臓器に様々な悪影響を及ぼす事になります。

急性巨核芽球性白血病の原因
急性巨核芽球性白血病の原因となっているものは、はっきりとしたものはいまだ不明なのです。しかし、そうではないかと考えられているものにはさまざまなものがあります。戦争の原子爆弾など放射線の大量被ばく、ウイルス感染によるもの、抗がん剤の副作用による二次白血病、先天性の遺伝による作用、一部の科学物質に身体が侵された場合などが一例です。

急性巨核芽球性白血病の検査と診断
急性巨核芽球性白血病の検査方法は、血液検査を行う方法があります。血液の病気のため、血液検査を行うことにより、わかります。また、血液がうまく作られないことから問診検査により、発熱や出欠症状がある場合には、この病気を疑うことができます。また、白血病の一種なので、他の病気も併発する形で、築くという形も考えられる病気のひとつです。

急性巨核芽球性白血病の治療方法
白血病の進行を抑える効果がある抗がん剤を使用した治療法で、急性巨核芽球性白血病を治療することが出来ます。シタラビンの投与を受けると、吐血と免疫力の低下を予防することが出来ます。エトポシドを使用することで、白血病の症状の進行を止める事が可能になります。骨髄を移植する手術を受けると症状が緩和するので、短期間で治療を終える事が出来ます。

急性巨核芽球性白血病の初診に適した診療科目

急性巨核芽球性白血病の専門外来

急性巨核芽球性白血病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ