普通感冒 (風邪)フツウカンボウ (カゼ)

普通感冒 (風邪)はどんな病気?
普通感冒とは、いわゆる風邪と呼ばれる、ウイルスや細菌などによってひきおこされる疾患です。症状が発生する場所によって、その呼び名は異なりますが、例えばもっとも一般的にみられるのが、上気道感染症と呼ばれるものです。これはのどの痛みやせきなどが代表的な症状です。感冒は腹痛や下痢など、上気道以外の場所に症状を引き起こすタイプのものもあります。


普通感冒 (風邪)の症状
普通感冒の症状は比較的軽いのが特徴です。主なものは、鼻腔や扁桃、咽頭などの上気道に炎症が起きるものです。また、鼻水や鼻づまりなど鼻に影響が出たり、咳や痰、喉の痛みなど喉に影響が出たり、発熱や頭痛が起こります。さらには、倦怠感、食欲不振、関節痛、筋肉痛も起こることがあり、ウイルスの種類によってはさらに、下痢や腹痛が起こることもあります。

普通感冒 (風邪)の原因
普通感冒とはいわゆるカゼのことであり、その原因となるもののほとんどは数種類あるウイルスによる感染です。ウイルスの感染以外にも細菌やマイコプラズマ、クラミジアなどによっても感染します。代表的なウイルスにライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスがあるほか、冬季に流行するインフルエンザウイルスもその一つとされています。

普通感冒 (風邪)の検査と診断
普通感冒の検査方法は、一般的にはウイルスの検知によるものが利用されています。まずは問診を行い、熱や吐き気や下痢などがないかを聞き出します。それから体温を測り、ウイルスを採取するために、鼻腔内から粘膜などを採取して、それを検査にかけるのです。また、場合によっては下痢の原因を究明するために便の採取を行う、ということもあります。

普通感冒 (風邪)の治療方法
普通感冒とは、通称かぜのことであり、くしゃみ、鼻水、咳、発熱、倦怠感が起こり、多くの人がかかる病気です。治療法としては、原因であるウイルスをなくすことはできないので、一般的には安静、保湿、保温、水分の補給、栄養のある食事をとることが最も早く、自然に治す方法です。氷嚢などで、冷やすことも効果があります。病院で診察して貰い、薬を処方してもらうのも早く治ります。

普通感冒 (風邪)の初診に適した診療科目

普通感冒 (風邪)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ