反射性尿失禁ホウシャセイニョウシッキン

反射性尿失禁はどんな病気?
自分の意思に反して勝手に尿が漏れ出してしまう症状を尿失禁(にょうしっきん)といいます。反射性尿失禁(はんしゃせいにょうしっきん)とは、脊髄損傷などの上位感覚神経の障害があるため尿意が大脳まで伝達できなくなって起こります。膀胱には物理的に十分な量の尿が貯まっているにもかかわらず、大脳は尿意を感じる事ができないために自分の意思とは無関係に反射神経の作用により失禁が起こってしまう状態をいいます。

反射性尿失禁の症状
反射性尿失禁は、反射的に起こる尿失禁です。膀胱に刺激が加わると、不意に膀胱が収縮して排尿してしまう症状がみられます。交通事故などで、脊髄の損傷、神経系の障害によって抑制中枢が完全に失われてしまったことによる後遺症の一つとしてみられます。尿意が大脳まで伝わらないので尿意をもよおすことがなく、膀胱からの感覚が刺激となり反射的に尿を失禁します。

反射性尿失禁の原因
反射性尿失禁の原因は、中枢神経系の障害や事故による脊髄の損傷などによって尿意を感じることができないため、排尿を自分でコントロールすることができず、意思とは関係なく排尿をしてしまうことが挙げられます。仕組みとしては、腎臓から尿が膀胱におくられたときに膀胱が反射的に収縮してしまい、尿が意思とは関係なしに出てしまいうのです。

反射性尿失禁の検査と診断
反射性尿失禁と診断されるための検査方法は多数あります。尿の成分や感染症の有無を調べる「尿検査」や膀胱内の残尿量を調べる「腹部超音波検査」、尿が出始めてから終わるまでの量の変化を調べる「尿流量検査」、膀胱の収縮パターンを見る「膀胱内圧力測定」などです。その他にも、尿道括約筋のパターンを表す「尿道括約筋・筋電図測定」、尿流量測定と膀胱内圧測定を同時に行う「プレッシャーフロー・スタディ」があります。

反射性尿失禁の治療方法
ストレッチで膀胱の筋肉を解す治療法で、症状が軽い反射性尿失禁を治すことが出来ます。脊髄に異常がある時は、脊髄の機能を回復させる手術を受けると失禁を起こさなくなります。肝臓が悪化している時は、肝臓を切除したり抗生物質を投与することで症状を緩和させる事が出来ます。肝臓の障害がなくなると失禁だけでなく、尿の異常も治すこと出来ます。

反射性尿失禁の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

反射性尿失禁に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ