再発性アフタサイハツセイアフタ

再発性アフタはどんな病気?
舌、口唇、頬粘膜などの口腔粘膜にできるほぼ円形の浅い潰瘍(かいよう)をアフタといいます。


再発性アフタの症状
自覚症状は、食べ物や飲み物をとった時に痛むことで気がつきます。また、酸っぱいものとか刺激物がしみるということでもわかります。「腫れている」という表現もありますが、実際に粘膜の腫脹(しゅちょう)はほとんどありません。

再発性アフタの初診に適した診療科目

再発性アフタの専門外来

関連部位から他の病名を探す

再発性アフタに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ