ボーマン嚢ボーマンノウ

ボーマン嚢はどんな病気?
ボーマン嚢とは腎臓のネフロンにおいて尿細管の起点を構成する部分です。糸球体包とも呼ばれ、胃と球体を収納した構造をしています。糸球体の血液からここを通って濾過された体液はネフロンそれぞれの過程を経て尿となります。ここでの血液濾過は限外濾過で標準速度は125ml/分です。ここでの濾過率は腎臓機能の診断に使われ濾過率低下は、腎不全の兆候になります。

ボーマン嚢の症状
腎臓の糸球体は周囲をボーマン嚢という特殊な袋に覆われており、この糸球体と尿細管からなる小さな単位をネフロンと呼びます。ここで引き起こされる腎臓の病気の症状としては、慢性腎不全による食欲低下・倦怠感・出血・高血圧・貧血・心不全・高リン血症・低カルシウム血症等の排泄機能低下・体液調整機能低下・内分泌機能低下に関するものです。

ボーマン嚢の原因
ネフロンの機能不全(腎不全)が起こる原因は、ミネラル、ビタミン、水分、老廃物を通過させるお茶の役割をするボーマン嚢の働きが正常でなくなることによります。蛋白や血球が通過してしまい、尿細管で再吸収されずに、蛋白や血球が尿と一緒に排出されてしまいます。加齢とともに腎臓の老化も増すため、働きが鈍くなるため、腎臓の疾患につながります。

ボーマン嚢の検査と診断
ボーマン嚢の機能を調べる検査方法には血液検査と尿検査があります。血液検査では尿素窒素の上昇の有無などで腎機能を調べます。尿検査は検尿と24時間の蓄尿という方法があり、尿タンパク、尿潜血、尿糖を調べます。尿路感染症と腎臓の病気を区別するには、特に蓄尿によって得られる尿チンサという尿の沈殿物を顕微鏡で調べる検査が有用となります。

ボーマン嚢の治療方法
糖尿病によってボーマン嚢に異常が出た場合は、異常が出ている患部を切除することで機能を回復させる事が出来ます。早期発見した時は、鉱質コルチコイドの投与で治療を行なう事が出来ます。心臓に問題がある時は、降圧剤を使った治療法で、動悸や息苦しさを軽減する事が可能です。拮抗約の投与を受けると、肝機能の働きを正常にすることが出来ます。

ボーマン嚢の初診に適した診療科目

ボーマン嚢に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ