脾梗塞ヒコウソク

脾梗塞はどんな病気?
《脾梗塞》と言う病気があります。基本的に梗塞と言うのは血管が詰まることをいいます。これは脾臓が壊死することをいいます。痛みを伴います。ちなみに起こした原因にもよるのですが、周りの臓器にも悪影響を与えることがありますので、すぐに治療することです。壊死は悪化を抑えることができますので、すぐに病院に行くことです。それがこの病気になったときのお勧めの方法です。

脾梗塞の症状
脾梗塞を患うと、左側の腹部に強烈な痛みが走りますが、痛みなどを感じることはない場合もあります。痛みが走る場合であっても、痛みを感じるだけで、その他の消化器系の症状や発熱などは伴いません。この病気のほとんど全ては心房細動や心内膜炎などの血栓性疾患による合併症として発症をします。この状態になると脾臓の全部や一部が壊死する場合が多いです。

脾梗塞の原因
脾梗塞とは脾臓に血液が流れないことによって脾臓が壊死してしまう症状のことをいいます。この症状の原因はよく分かっていませんが、脾臓につながる血管が駄目になることで起こる症例なので内臓での血液循環が悪くなった時におこるものとして考えられています。脾臓が壊死しかかっている場合は、摘出除去をするしかないので外科的手術を受ける必要があります。

脾梗塞の検査と診断
脾梗塞とは、脾臓の血管および周辺の血管が梗塞してしまうことが原因で脾臓に血が回らずに壊死してしまう病気のことを言います。この症状の検査方法としては、CT検査かMRI検査で画像診断を行なうことでほぼ100パーセント診断することができるのです。治療法としては、脾臓を外科手術で全部若しくは一部摘出する方法をとることになります。

脾梗塞の治療方法
脾梗塞とは脾臓にある血管が詰まってしまい血液が脾臓に流れ込まないため脾臓が壊死しかかっている状態のことを言います。この症例の治療法としては、詰まっている血管を拡張させ血液を脾臓に流させることか、脾臓を摘出する手術が必要です。しかし、脾臓は機能的によく分かっていないのですが免疫機能を担っていることが分かっており摘出後の後遺症があります。

脾梗塞の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

脾梗塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ