未破裂動脈瘤ミハレツドウミャクリュウ

未破裂動脈瘤の多くは、すぐに破裂する危険性は高くないので、破裂していない動脈瘤については、治療を急ぐ必要がないというのが大方の見解です。動脈瘤の大きさが10mm以上であったり、形がいびつなもの、家族にくも膜下出血の患者さんがいる場合には要注意です。他に、未破裂でも動脈瘤が大きくなってまわりの脳や神経を圧迫している場合には、物が二重に見えたり、視力が低下したり、様々な症状をきたすことがあります。

未破裂動脈瘤の初診に適した診療科目

未破裂動脈瘤の専門外来

未破裂動脈瘤に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ