掻痒ソウヨウ

掻痒はどんな病気?
掻痒とは訪露の一種であり、顔の3分の1をもって生まれるような方もいます。そして、比較的小さな模様を多数ともなってくるといったことが多いです。また、大きさによって治療方法が大きく異なってくるといったことではありません。また、10歳前後から徐々に増えてくるものもありますので注意してください。また、時に広い範囲にできることがあります。

掻痒の症状
皮膚掻痒症の症状としてあらわれるものは、身体のある一部分のみ、または全身にわたってかゆみがでます。このかゆみはこすったりという刺激をあたえたり、お風呂でからだが温まったりするといっそうはげしくなります。赤い発疹や皮膚の変化などはみられません。このかゆみが局所的なものでは、肛門部周辺や陰部におこります。掻くことによる刺激でさらに痒くなります。

掻痒の原因
掻痒は加齢による老化現象、内臓疾患などの疾病によるもの、内服中の薬剤によるものが原因として挙げられます。陰部や肛門に症状がある場合は性感染症や下痢、便秘、痔にも起因します。加齢によるものは秋から冬の乾燥する季節によくみられ、皮膚全体が乾燥することによって発症します。痒くて皮膚を掻いたり擦ったりしていることで皮膚が荒れ、更に状態が悪化します。

掻痒の検査と診断
掻痒の検査方法は顕微鏡で行います。皮膚科の専門家に診てもらうのが最も信頼性の高い検査で、顕微鏡によってダニなどが原因ではないかなどの確認をします。繰り返して何度も検査する必要があるのが特徴で、ヒセンダニが原因になっている場合でも検出できる可能性は60%程度です。なので何度も検査してダニが原因ノドンな症状化などを判断する必要があります。

掻痒の治療方法
掻痒の治療法は専用の塗り薬を使用するのが最も一般的な方法です。虫刺されや日焼けなどから生じる痒みに適した方法ですが、傷がついていたり出血している場合は消毒を行い清潔に保つ必要があります。また、内臓疾患が痒みの原因になっている場合は通常の薬剤では抑えることができません。そのため、体を回復させるのが最も適切な方法になります。

掻痒の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

掻痒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ