急性リンパ節炎キュウセイリンパセツエン

急性リンパ節炎はどんな病気?
急性リンパ節炎とは、リンパ節が細菌やウィルスなどに感染してしまい炎症をおこす症状のことで、急性の場合は痛んだり、腫れたり、場合によっては発疹が出たり38度以上の高熱が1週間以上も続く場合もあります。症状が出て病院に行くと抗生物質をもらって治療することがほとんどですが、それでも治らない場合は、まれにリンパ節を切除する手術を行う場合もあります。


急性リンパ節炎の症状
リンパ節炎には様々な症状がありますが、急性リンパ節炎が起こりやすいのは、頸部、腋窩、鼠径部にあるリンパ節で、炎症が起こり始めるとリンパ節が腫れて、触れたり押したりすると痛みを伴います。さらに悪化いていくと、リンパ節が化膿する可能性もあります。また、炎症が起きた部分から周囲の組織にまで広がり及ぶことがあり、それが原因で節周囲炎なることもあります。

急性リンパ節炎の原因
急性リンパ節炎の主な原因は、細菌への感染によってリンパ管に炎症がでるものです。その為、この疾患はリンパ管とつながっているリンパ節に急性の炎症がおこるものとなります。その為、足の傷から細菌が侵入して、足のリンパ節が腫れて痛くなる事があります。リンパ節は様々な部位にあり、急性のリンパ節炎がおこるのは、頸部や脇の下での炎症が要因で、リンパ節が腫れる事になります。

急性リンパ節炎の検査と診断
急性リンパ節炎の検査方法は、まず所見と問診を行います。次に血液検査を行い、白血球や赤血球、血小板の数や凝固機能などを調べます。そして骨髄穿刺と生検を行います。骨髄穿刺は局所麻酔をしたあと、胸か腰の骨に針を刺し骨髄液を採取し顕微鏡などで調べます。この検査によって染色体異常の有無や、リンパ節炎と診断した場合、予想できる予後や的確な治療方法などを決定していきます。

急性リンパ節炎の治療方法
急性リンパ節炎の治療法は時間を掛けて行う地道なものです。リンパ節炎の原因となっている部位の治療と共に安静を保ち、リンパ節の発熱を冷やし腫れが収まるのを待ちます。栄養分の補給を十分に行い身体の抵抗力を保持する様心掛けます。また抗生物質の投与が必要になりますので専門医の診断を受ける必要性が生じます。特にリンパ節に膿が溜まっている場合切開して出さねばならず、外科を受診する必要もあります。

急性リンパ節炎の初診に適した診療科目

急性リンパ節炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ