淋菌性尿道炎リンキンセイニョウドウエン

淋菌性尿道炎はどんな病気?
淋菌性尿道炎とは、文字通り、淋菌に感染することによって尿道が炎症する現象を指します。尿道炎は淋病におけるもっとも代表的な症状であると言えます。淋病に感染することによって尿道炎を発症すると、排尿時に強い痛みを伴うことが多いため、この時に初めて、異常に気付き、泌尿器科を受診して感染していることに気づくケースが多いようです。

淋菌性尿道炎の症状
淋菌性尿道炎に罹患した場合には、いくつかの特徴的な症状が見受けられます。もっとも一般的なのは、排尿時の痛みと、患部の炎症です。これらは、その他の原因菌による性感染症においても一般的に見受けられる現象であると考えられます。そういった意味においては、上記の状態は、微生物由来の性感染症の多くに観察される状態であるといえます。

淋菌性尿道炎の原因
尿道に激しい痛みを伴う炎症がおきる淋菌性尿道炎は、淋菌という細菌に感染したことによる、淋菌感染症が原因となり引き起こされます。淋菌感染症の感染経路は、性風俗店でのオーラルセックスによるサービスによって、口腔感染から性器に感染する可能性が高いです。また、通常の男女間の性交渉によっても感染し、特に不特定多数との性交渉により拡大します。

淋菌性尿道炎の検査と診断
淋菌性尿道炎の検査方法とは、まずその症状が淋菌による感染によるものなのかを調べる必要があります。まず行われるのは淋菌が存在している、体液を調べる必要があります。女性はおりもの、男性は精子や炎症による膿等の分泌物です。そして尿検査も行われます。それらを顕微鏡で調べる事により淋菌の存在をしる事ができます。感染していれば顕微鏡に淋菌がうつしだされます。

淋菌性尿道炎の治療方法
淋菌性尿道炎であると診断された場合の治療法ですが、原則的には原因菌である淋菌を抑え込むような薬を服用することになります。一般的な尿道炎と同様に、ジェネラルな作用を期待して、漢方薬を服用するようなケースもあります。これらの漢方薬は、特に慢性化した淋菌による尿道炎などに対しては、非常に効果的な場合があるという報告がなされています。

淋菌性尿道炎の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

淋菌性尿道炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ