喉頭乳頭腫コウトウニュウトウシュ

喉頭乳頭腫はどんな病気?
喉頭乳頭腫とは良性の腫瘍で、ヒト乳頭腫ウイルスの感染によって起こる病気です。普通の生活で周りの人に感染することはありません。声帯の振動が妨げられ声がかれたり、全く声が出なくなることもあります。小さい子どもの場合、放置していると喘鳴やチアノーゼ、呼吸困難を来すことがありますので注意しましょう。また、稀にがん化してしまうこともあります。

喉頭乳頭腫の症状
喉頭乳頭腫の主な症状としては、声帯の振動が上手く働かなくなるために、声がかれてしまいます。又、この病気では声帯に腫瘍が転移する事も多く、声が出なくなることも頻繁にあります。この疾患を放置してしまうと、腫瘍が増え呼吸困難やチアノーゼなどを起こすこともあり、注意が必要になります。 この乳頭腫は多くの場合で良性ですが、再発することが多いために、治療が困難になりことがあります。

喉頭乳頭腫の原因
喉頭乳頭腫は、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染が原因となって起こりますが、腫瘍そのものは、良性であることが殆どです。HPVウイルスは、声帯粘膜上皮の直下に潜んで増殖し、感染を引き起こします。なお、通常の日常生活において、人から人への感染は起こりません。しかし、上記に記したとおり、大半は良性腫瘍ですが、中には、幾度となく再発するケースや数%程度の確率でがん化するケースも存在します。

喉頭乳頭腫の検査と診断
喉頭乳頭腫の主な検査方法は、喉頭鏡と呼ばれるものを用いた検査です。喉頭鏡により、本症例の生検を行うことで診断を確定させます。その他、喉頭鏡以外であっても、日常生活の中で変化に気づくことが可能です。特に小児では、声がしわがれたり、泣き声が弱々しくなるなど、いわゆる声の変化が著しくみられる場合に、本症例が疑われる可能性があります。

喉頭乳頭腫の治療方法
喉頭乳頭腫につきましては、現段階では確立した治療法はありません。ですのでレーザーで蒸散する治療が主に行われています。 また、乳頭腫が再発しているのに対して繰り返しレーザーの手術を行うと、喉頭が瘢痕狭窄したり、癒着を生じてしまい呼吸困難を起こす可能性もあります。他の治療でインターフェロンの局所注入療法がありますが、こちらは再発を繰り返す例で効果がある場合があります。

喉頭乳頭腫の初診に適した診療科目

喉頭乳頭腫の専門外来

関連部位から他の病名を探す

喉頭乳頭腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ