手の湿疹テノシッシン

手の湿疹はどんな病気?
手の湿疹は、かゆみが一番大きな症状ですがそのかゆみにより掻いてしまうのが一番良くありません。

痒みによりかき傷が出来るとそこから化膿したりひび割れて出血したりと悪化してしまいます。

初期の頃は、ドラッグストアなどで売っている痒み止めなどを利用するのも一つの手ですが、あまり酷いようなら皮膚科を受診しましょう。

痒みは冷やすと落ち着く事が多いので、痒くなったら冷やす工夫をするとマシになります。


手の湿疹の症状
手の湿疹の症状は、手が乾燥する事により痒みをともなって、指先や手の甲に水泡の様なものが出来る事もある様です。

原因は乾燥により事が多いので、痒いからかく、乾燥する、の繰り返しで悪循環になってしまう事も多い様です。

皮膚の乾燥を塗り薬やハンドクリームを使用する事によって防ぐ事が出来るので、気になる方は皮膚科を受診する事をおすすめします。

手の湿疹の原因
手の湿疹は、皮脂膜の低下により、肌が乾燥して、皮膚のバリアがはがされることによって起こります。

その原因は、食器用洗剤類やシャンプーリンスの刺激、過度の手洗いや長時間の水仕事、手の汗、食材や、ゴム手袋によるかぶれなどがあります。

これに加え、アレルギー体質や、疲れ、ストレスなど複数の要因が重なった時に、湿疹としてあらわれやすくなります。

手の湿疹の検査と診断
手の湿疹は、手のひらや、指の皮膚が乾燥して、紅斑がみられる事です。

悪化をすると皮膚が硬くなり、ヒビが現れます。強い痒みが出て、掻く事で更に悪化します。

検査方法として、水仕事のあとには、こまめにハンドクリームやワセリンなど、保湿外用剤を塗り、油分と水分を補う事が大切です。

また、かゆみが強かったり、炎症がひどい場合は、皮膚科を受診してください。

手の湿疹の治療方法
手の湿疹は個人差があるので治療法は決まってはいませんが、ほとんどの場合は乾燥を防ぐために保湿することが効果です。

特に、水仕事や洗剤を使う水仕事をした後はしっかり手を保湿ケアしなければいけません。

また、油分と水分を奪う薬品との接触を避けるためにゴム手袋をはめたり、さらに綿を中に挟むなどして手を守り、長期的な回復を試みます。

手の湿疹の初診に適した診療科目

手の湿疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ