さしこみサシコミ

さしこみはどんな病気?
さしこみとは、疝痛とも言われる痛みの種類です。これは通常の腹痛とは違い、何かに刺されるような痛みが特徴です。大変痛みも強いので、額に汗が滲みでて普通に立ってはいられなくなる程の痛みです。酷い便秘の時や、尿管結石等の病気の時にもこの激しい痛みは起こります。常に痛みを伴うのではなく、定期的に痛みが襲ってくる場合もあります。


さしこみの症状
さしこみの症状とは、激しい腹部の痛みです。これは胃痛や下痢による腹痛とはまた違う痛みでもあります。お腹の内部を刃物で刺されるような痛み急に襲ってきて、あまりの痛さに立ってはいられなくなる程です。そして痛みに間隔があるのも特徴です。激しい痛みが襲ってきたと思えば、次第におさまったりを繰り返します。激しい痛みなので誰しも異常を感じる程です。

さしこみの原因
さしこみの原因とは、まず腸や、胃、子宮、尿管、に異常がある場合に起こります。これはこれらの気管が塞がり収縮を繰り返す事で起こるのです。まず考えられる病気は、尿管結石や腸閉塞です。酷い便秘を起こしている場合にもこの激しい痛みが起こります。これは気管に詰まった異物を排出しようと内臓が収縮運動を起こす時に激しい痛みが襲うのです。

さしこみの検査と診断
さしこみのような痛みは、まずどの部位で起きているのかが問題になってきますので、検査方法は、まずは問診によって部位や他の症状がないかをを聞いて、痛みの原因を判断していきます。次に触診によって、痛みの部位を特定していきます。どの部位の痛みかによって、どの器官が痛みを発生しているのか特定、もしくは病気を判断することができますので、それに応じた詳しい検査をしていきます。

さしこみの治療方法
さしこみの治療法として、薬の服用が挙げられます。薬には胃酸の生産を抑える効果があるもの、生産された胃酸を中和されるものなど、いろいろな機能のものがあります。また、冷たいものや香辛料、肉類を控えるなど、胃にやさしい食事を心がけることも大切です。喫煙の習慣やストレスも良い影響を及ぼさないので、普段の生活を見直すことも重要となってきます。

さしこみの初診に適した診療科目

さしこみの専門外来

関連部位から他の病名を探す

さしこみに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ