高眼圧症コウガンアツショウ

高眼圧症はどんな病気?
高眼圧症は、眼球の硬さである眼圧が通常より高い値であるが視野や視神経には異常がない状態です。眼圧によって視神経を傷付け、視野が狭まるのが緑内症であり、眼圧が正常な人より緑内症の危険が高いとされています。自覚症状はなく、検診で眼圧測定をして初めて気付くケースが多く、視力の低下などの異常を感じたときには緑内症の症状が進行しています。眼圧が高い場合は、定期検診や眼圧を下げる点眼薬で経過観察が必要です。


高眼圧症の症状
高眼圧症の症状は眼圧が正常な状態であれば10~21mmhgですが、その正常な数値よりも高い状態ですが視覚や視神経には問題が無く正常な状態の事を指します。多くの場合は特に体調に変化はありませんが時折目の疲れやかすみ、頭痛や眼痛を引き起こす事があります。中には原発解放隅角緑内障に変化する方もいるので、定期的な診察と経過を観察する必要があります。

高眼圧症の原因
高眼圧症になる原因は、まず、目の中には房水があり常に流れ、一定の眼圧になるようコントロールしています。しかし、その出口となる 隅角が生まれつき狭いかぶつけるなどの外傷により狭くなる、もしくは、何かの物質が詰まるなどの問題があると目の中の房水が溜まり眼圧が高くなります。また、目を酷使する、ストレス、肥満なども眼圧を上げる要因となります。

高眼圧症の検査と診断
高眼圧症の検査方法は、角膜に風を吹きかけて眼圧を測定する非接触眼圧計による検査が一般的です。そのほかに、点眼による麻酔をした後に直接角膜をはかるゴールドマン眼圧計で測定する方法があります。いずれも、房水によって一定の圧力が保たれているはずの眼球が、高圧力によりパンパンに膨らんでいないかを調べることで、眼圧の異常を発見する方法です。

高眼圧症の治療方法
眼圧を下げる効果がある目薬を使うと、高眼圧症を治すことが出来ます。眼圧を下げる目薬を定期的に使用することで、緑内障の発症を防ぐことが出来ます。視力の低下が著しい時は、レーザーを使用した治療法を受けると、視力の低下予防することが出来るだけでなく、眼圧を効果的に下げる事が出来ます。視神経に障害が出ている時は、視神経の炎症を止める目薬で治すことが出来ます。

高眼圧症の初診に適した診療科目

高眼圧症の専門外来

高眼圧症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ