眼痛ガンツウ

眼痛はどんな病気?
眼痛とは、目に痛みを伴う事を言います。目に痛みがある場合は何らかの病気が隠れている場合もあります。しかし、長時間のパソコンの操作等目を長時間使いますと、目が疲れる事により目の奥に痛みや、頭痛を感じる事もあります。この場合は目を休めると痛みはおさまりますが、常に痛みがあったり痛みが不自然に強い場合は病院での検査が必要です。


眼痛の症状
眼痛は、鋭く刺すような痛みやズキズキした鈍い痛みなどを感じます。また、かすみ目やかゆみ・発赤・目の乾燥などを伴うこともあります。これらは、重大な病気の兆候である可能性もあります。この症状に伴い、充血や視力低下・流涙・まぶしさなど、もしくは頭痛や吐き気などが感じられるようなら、角膜や強膜の感染症や腫瘍なども考えられます。

眼痛の原因
眼痛を引き起こしている原因とて、目が炎症を起こしている部分や様々な要因があります。例えば、結膜の部分が赤くなって炎症を引き起こすと、かゆくなったり、痛くなったりする場合があります。要因としては、春の時期の花粉症などによる環境で引き起こされる結膜炎や、目を掻いたりするなどでの物理的な要因による結膜炎で痛くなるケースがあります。

眼痛の検査と診断
眼痛の症状に対する検査方法として多く行われているのは眼圧の検査や屈折の度合いに関する検査です。眼圧の検査では、異常な眼圧による症状の発生が見受けられるかどうかを判断します。また、屈折の度合いの検査ではこの症状によって屈折が異常な度合いを示しているのかどうかを検査します。これらの検査を行い総合的に症状が生じているかどうかを判断します。

眼痛の治療方法
疲労による眼痛なら、長めに睡眠をとったり安静にしていると治すことが出来ます。症状が軽い時は、目薬を使うだけで眼の疲れを癒す事が出来ます。眼が充血している場合でも、目薬を使った治療法で治療を済ませることができます。眼精疲労も目薬で効果的に治すことが可能です。眼の痛みが激しい時は、眼科に通うことで的確な処置を受けることが出来ます。

眼痛の初診に適した診療科目

眼痛の専門外来

眼痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ