ペットロス(症候群)ペットロス(ショウコウグン)

ペットロス(症候群)はどんな病気?
ペットロス(症候群)とは、飼い主がペットを亡くしたときに陥る状態です。かわいいペットが亡くなれば誰でも悲しみにくれますが、このペットロスはその事実を受け入れられません。ペットロスを克服するためには新しいペットを飼うのがいいと言われてます。しかし悲しみの為なかなか新しい家族を迎え入れるということが困難ですが、気持ちを切り替える一つの手段として有効な事です。


ペットロス(症候群)の症状
最愛のペットを亡くした時に起こる精神不調・体調不調である、ペットロス(症候群)は、情緒不安定、疲労や虚脱感、無気力、めまい、摂食障害(拒食症・過食症)、錯覚、幻覚、妄想、胃潰瘍などの消化器疾患などの心身症などのうつ病のような症状が出る疾患のことです。さらに深刻な場合、アルコール依存症や薬物依存症まで発展する恐れがあります。

ペットロス(症候群)の原因
ペットロス(症候群)は、主にペットとの別れによる精神的ショックが原因で起こります。というのも、近年では特に家庭内でペットを家族の一員として深く愛情を注ぐことが多く、常日頃から生活を共にし長い時間を過ごした分、病気や寿命・事故がによってペットを失うと精神的なダメージが大きくなるためと考えられます。個人によって精神的ダメージの大きさは異なるため、ペットとの別れで必ずしもペットロスになるとは限りません。

ペットロス(症候群)の検査と診断
ペットロス(症候群)の検査方法とは、これは心理的な病なので精神科で行われます。この病気は患者も原因がわかっており、医師の問診で直ぐに原因が分かります。常に一緒に暮らしていたペットによる死が精神に対する悪影響を及ぼしている事は患者自身にも自覚があり、自身が助けを求めて訪れたり、家族に連れて来られる場合もあるからです。それを医師に申し出る事で直ぐに病名が診断されます。

ペットロス(症候群)の治療方法
ペットロス(症候群)の治療法としては、まず我慢せずに感情を思う存分表に出すこと、新しく熱中できるもの(新しいペットなど)を見つけること、医師の診断やカウンセリングを受けることなどがあります。また、苦しい思いを一人で抱え込むのではなく、積極的に悲しみを多くの人と分かち合うことが大切です。そして自分を責めないことが克服するためには欠かせません。

ペットロス(症候群)の初診に適した診療科目

ペットロス(症候群)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ