胃・十二指腸潰瘍イ・ジュウニシチョウカイヨウ

胃・十二指腸潰瘍はどんな病気?
胃・十二指腸潰瘍は消化液の多量分泌が胃の粘膜を傷つけてしまい、炎症を起こす病気です。胃潰瘍は40代以上の年齢、十二指腸潰瘍は10代~20代に多くみられる病気です。胃潰瘍は主にストレスが原因で、十二指腸潰瘍はヘリコバクター・ピロリ菌が原因でおこることが多いです。胃潰瘍は食後に痛みだし、食事を多く摂りすぎると長時間痛みが続き、十二指腸潰瘍は空腹時や夜間に腹痛が起きやすいです。


胃・十二指腸潰瘍の症状
胃・十二指腸潰瘍が起こっても、初期の段階ではほとんど何も感じないようなケースがあります。ただし、病状が進行していくに伴って、それに特徴的な症状がみられるようになります。もっとも一般的には、ほとんどのケースで痛みを感じるといわれています。そのほかにも、特に胃に潰瘍ができている場合は、胃の違和感や膨満感、ときには吐き気などを催すことがあります。

胃・十二指腸潰瘍の原因
胃・十二指腸潰瘍の原因で最も多いのはピロリ菌によるもので、次に多いのが非ステロイド性抗炎症薬になります。ストレスが要因だともいわれていますが、ストレスだけではこの病気を引き起こすことは稀です。ピロリ菌感染のあるひとがストレスも加わることによって、発病しやすくなります。胃潰瘍は胃酸の防御機能が弱まることによって起こり、十二指腸潰瘍は胃酸分泌が高まり、十二指腸の粘膜が傷つくことによって起こります。

胃・十二指腸潰瘍の検査と診断
胃・十二指腸潰瘍の検査方法としては、内視鏡による検査が主流となっています。これは、口または鼻から内視鏡を挿入し、映像を通して胃や十二指腸の様子を観察するというものです。リアルタイムで患者も胃や十二指腸の状況を映像で見ながら検査を受けることができます。また、仮に胃や十二指腸に異常が見つかった場合には、その場で簡単な治療を行うことも可能です。

胃・十二指腸潰瘍の治療方法
胃・十二指腸潰瘍の治療法は、基本的には胃酸の分泌を抑えて、潰瘍を修復する薬を服用します。ピロリ菌が発見された場合は、抗潰瘍薬のプロトンポンプ阻害薬、アモキシシリン、クラリスロマイシンなどのピロリ菌を除菌する抗生物質を投与して治療します。また、胃に負担をかけない食事をとり、規則正しい生活を心がけます。禁煙や禁酒も早期改善の手助けとなります。

胃・十二指腸潰瘍の初診に適した診療科目

胃・十二指腸潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ