梅毒バイドク

梅毒はどんな病気?
梅毒という病気がありますが、これは性感染症の一種であり、性行為によって感染するものです。これに感染するといろいろな症状が出現しますが、男性と女性とではその症状にかなりの違いがあるといわれています。また特に女性の場合は、はっきりとしたが症状が現れないようなケースもあり、これがピンポン感染の原因となる可能性が高いと言われています。

梅毒の症状
梅毒は第1期から第4期まで症状が変化します。第1期は初期硬結というしこりができ周囲に広がり硬性下疳になりますが痛みはありません。鼠けい部のリンパが腫れますがこれも無痛です。第2期は全身に赤いイボのような発疹が見られるようになります。第3期は皮下にゴム状の腫瘍が現れます。第4期になると血管の炎症や神経障害によるマヒなどが見られます。現在では第3期以降の状態まで進行することは無いといわれています。

梅毒の原因
梅毒とは性病、感染症の一種で、主に性行為による感染を原因とする病気です。一般的に性病として認識されていますが、性行為だけでなく母子感染や輸血血液を通して感染する場合もあります。現在では死に至ることはほとんどなくなりましたが、感染する人は年々増え続けています。性行為の際にコンドームの着用による自己防衛が一番の予防になります。

梅毒の検査と診断
主に性行為によって感染する梅毒の検査方法は、性病科・保健所・検査キットの3種類があります。この内、保健所では無料で検査してくれるので、不安な人は最寄りの保健所で検査を勧めます。ただ、この病気の抗体が出来るまでの4週間位は、検査をしても反応が現れません。身に覚えのある性行為から、第1段階の症状が現れた場合でも、最低1ヶ月後に検査をしないと確実な検査結果が出ないです。

梅毒の治療方法
梅毒に用いられる治療法としては、一般にもよく知られている抗生物質であるペニシリンの投与が効果的です。治療に要する時間は感染後すぐの治療で1カ月ほど、長きにわたって感染していた場合でも2カ月ほどで治療を終えることができます。治療後の検査で陽性反応が出たからと言って治っていないと誤解する方がいますが、これは治療後の抗体のによる陽性反応であるため治療に失敗したわけではありません。

梅毒の初診に適した診療科目

梅毒の専門外来

梅毒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ