月経前緊張症ゲッコウゼンキンチョウショウ

月経前緊張症はどんな病気?
月経前緊張症とは、月経の始まる約2週間前から見られる身体的、精神的に現れる変化や症状のことを指します。月経の開始とともに解消する周期性の症状です。下腹部痛、頭痛、腰痛、肌荒れといった身体的症状と、集中力の低下、不安感、イライラなど精神的症状があり、これらの症状が複数現れることが多いです。ホルモンバランスの異常が関係するとされますが原因は解明されていません。ピルや漢方で症状を抑えることもあります。


月経前緊張症の症状
月経前緊張症に起こる症状とは、まず子宮の収縮による痛みです。胃痛や食あたりとはまた違う痛みが下腹部にあらわれます。そして頭痛や腰痛、倦怠感等があらわれます。そして何故かイライラしてしまうのもよくある事です。中には肌の痒みや、肌荒れを起こす方もいます。下腹部の痛みは体質によりとても酷い方もいます。立っている事も困難になり私生活にも影響が出るほどです。

月経前緊張症の原因
月経前緊張症の原因は様々な説がありますが、実は不明なのです。その様々な説は例えば、卵巣ステロイドホルモンに対する標的器官の感受性の差とか、セロトニンなどの神経伝達物質の異常分泌、もしくは新聞貯留症状や低血糖類似症状からレニン・アンジオテンシン系の以上、耐糖能の異常などなど多くの説があり、未だ特定するに至っていないのです。

月経前緊張症の検査と診断
月経前緊張症の主な検査方法は問診です。異なる患者で同じ症状が出たとしても、我慢できる人とできない人がいるなど個人差が激しいこと、そして誰しもが同じ状況下で生活をしているわけではなく、症状も数百種類以上といわれているからです。血液検査で甲状腺の機能からホルモンの分泌状態を見ることもありますが、問診での診断が最も重要とされています。

月経前緊張症の治療方法
月経前緊張症の治療法には薬を使わずに治療する方法と、薬を使用して治療する方法があり、患者の希望や症状の程度によって決められます。薬を使わない場合は食事療法、運動療法、ストレスを貯めないなど生活習慣を見直して経過を見ます。薬を使う場合は漢方やサプリメントの摂取などから始まり、向精神薬の使用、症状が重い場合は低用量ピルを使用する方法があります。

月経前緊張症の初診に適した診療科目

月経前緊張症の専門外来

月経前緊張症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ