異所性蒙古斑イショセイモウコハン

異所性蒙古斑はどんな病気?
異所性蒙古斑とは、青あざの一種と言えます。通常は尻や背中などに見られることが多い蒙古斑に対して、それ以外の部位に出来た蒙古斑のことを示しています。多くの場合は、次第に薄くなって消えていくものですが、色調が濃い場合などは大人になっても残ってしまうことがあります。衣服で隠すことができる部位とは違って、顔などに発症すると隠すこともできないため日常生活に支障をきたすこともあります。


異所性蒙古斑の症状
異所性蒙古斑は、生まれつきお尻以外の場所に青い痣の様な蒙古斑が出来ているのが症状です。この蒙古斑は、大きいものから小さいものがあります。そして、人によって様々な場所に出来ますし珍しいものではありません。小さいものは、年を重ねる毎に薄くなって消えることも多いと言われるのが特徴です。蒙古斑なので、痛みや痒みは一切ありません。

異所性蒙古斑の原因
異所性蒙古斑の原因は、メラノサイトの広い活性化によります。胎児が母体にいるときに、腰部を中心にしてメラノサイトが活発に活動しています。それが蒙古斑として表れます。蒙古斑は、表皮基底層よりも深い真皮層にメラニン細胞が存在しています。さらに通常の蒙古斑に比べて範囲が広く、また消失時期が遅い場合において、この病状として認められます。

異所性蒙古斑の検査と診断
異所性蒙古斑の検査方法としましては、皮膚科、皮膚泌尿器科、形成外科や美容外科の医師の診断ならば、蒙古斑は特徴的な色素斑ですので、ほとんどは目視しただけでも診断が付く場合があります。切除した一部の小結節を顕微鏡を使い細胞検査するこで確定させることが出来ます。リンパ節転移を引き起こす事があるので、CT検査やRI検査、アイソトープ検査などの全身の検査も行う必要が出ることもあります。

異所性蒙古斑の治療方法
異所性蒙古斑の治療法は、成長による自然消滅を待つという方法が有効です。ほとんどの場合において、学童期までには蒙古斑の症状は消失します。また、学童期まで蒙古斑が残っている場合でも、成人までに自然と消失します。蒙古斑に対して積極的治療を行うのであれば、Qスイッチレーザーを照射することにより、蒙古斑の色素を取り除く事ができます。

異所性蒙古斑の初診に適した診療科目

異所性蒙古斑の専門外来

関連部位から他の病名を探す

異所性蒙古斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ