妊娠貧血ニンシンヒンケツ

妊娠貧血はどんな病気?
妊娠をするとお腹の中の胎児へ栄養を送らなくてはならなくなり、特に気を付けて食事を管理していないと妊娠貧血になってしまいます。ですから妊娠前と同じように生活していては鉄分が足りなくなったり、疲れやすくなります。赤ちゃんの定期健診で鉄剤を処方してもらったりして鉄不足を補います。もちろん普段の食生活からバランスのとれた食事を心掛けましょう。


妊娠貧血の症状
妊娠をすると、貧血を感じる方も多くなっています。その症状を妊娠貧血と言い、眩暈などが起こるだけでなく、息切れや動悸等も起こる事が多くなっています。赤ちゃんに栄養や血液等がいく為に起こる事であり、鉄剤を処方してもらう事により改善される事が多いですが、酷いようであれば入院しないとあかちゃんが未熟児になるといった可能性も出てきます。

妊娠貧血の原因
妊娠貧血の原因は、妊娠による身体の変化に伴うものです。母親は自分自身の他に胎児にも酸素や栄養などを送る必要があります。そのため、妊娠中は血液量が増加します。しかしながら、それに伴って赤血球が増えることはありません。すると胎児に鉄分を与えると、母親には十分な鉄分が行き渡らなくなってしまいます。そのために貧血を起こしてしまうのです。

妊娠貧血の検査と診断
妊娠貧血の検査方法は、妊娠期の定期健診によって検査します。所見や問診によって、妊婦さんの顔色や食生活の栄養状態をチェックした上で、血液検査して血中の鉄分の量を検査していきます。このような貧血がありますと、胎児に酸素がうまく行き渡らず、胎児の成長や脳等の発育において、悪い影響を及ぼしてしまいますので、とても重要な検査です。

妊娠貧血の治療方法
妊娠貧血の治療法は、食事療養や鉄剤の服用によって実施されます。貧血改善のためには、なにより食事の改善が必要です。ただし、妊娠中であるため、カロリーや塩分、タンパク質といった各要素に制限が必要です。そのため、貧血対策の食事療法には専門家の指導が必要です。また、鉄剤など薬剤を服用することによって、鉄分の補給を行うことも有効です。

妊娠貧血の初診に適した診療科目

妊娠貧血に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ