顎下腺炎ガクカセンエン

顎下腺炎はどんな病気?
顎下腺炎とは、顎下にある唾液腺に炎症が起こる病気です。細菌が唾液腺の出口から入り、唾液分泌時に腫れと痛みを生じさせます。治療としては、唾液腺をマッサージなどで刺激し、唾液の排泄を促すとともに、薬で炎症を抑えることが一般的です。食事等の唾液分泌時に痛みが生じたり、顎下が腫れた場合は早めに口腔外科に相談するといいでしょう。


顎下腺炎の症状
顎下腺炎は、舌の下にある唾液腺の痛みや、顎の下が腫れるということが多いです。耳の下が腫れるおたふくや耳下腺炎と間違われることがあります。唾液が分泌される時に腫れや痛みが起きます。ですので、食事中などに唾液が出始めると、この症状が出ます。ひどくなると、食事が食べられないほどの腫れと痛みが出てきたり、喋るのが困難になっていきます。

顎下腺炎の原因
顎下腺炎とは化膿性唾液腺炎のうちの一つで、原因としては唾液分泌率が低下した時に細菌が侵入することで起こります。基本的に唾液腺周囲に炎症が広がります。その中でもこの病気は口低部に痛みが走ります。治療方法は抗生物質などを投与して炎症を抑えていきます。炎症がおこっている場所がうみになっていた場合は切開などの消炎手術を行います。ウイルス性では対症療法が中心になっています。

顎下腺炎の検査と診断
顎下腺炎の検査方法は、急性のもので、食事やつばを飲み込む時に痛むという症状なら、まずは、問診をします。そして、現在の状況を聞きます。そのあと触診によって腫れ具合を見ます。ウィルスによる感染が疑われる場合は、血液検査の必要が出てきます。その時期よっては、流行性の場合があるので注意が必要です。程度によって有効な処置を施す必要があります。

顎下腺炎の治療方法
顎下腺炎の治療法は、患部の状況をきちんと把握することが重要で、炎症を起こしているようであれば、そこに抗菌薬を投与し、同時に消炎鎮痛薬で炎症を和らげるという治療が行われます。それから炎症部分を市食べてみて、膿瘍ができていないかを診てみるのです。そして膿瘍があると診断されれば、その膿瘍の切除手術などを行うことで、患部の自然治癒を促進します。

顎下腺炎の初診に適した診療科目

顎下腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ