皮疹ヒシン

皮疹はどんな病気?
皮疹とは、皮膚の外観的な病変の事である。種類としては、皮膚面の凹凸がなく変色を伴っている班や皮膚面が凹凸してくる丘疹、しょう液が溜まって隆起する水泡、膿が溜まる膿泡、蚊に刺された時やじんま疹等のように一時的に隆起し消える膨疹、皮膚表面の浅い欠損で治癒後に瘢痕を残さない表皮剥離や真皮まで欠損して、瘢痕が残る潰瘍等様々あります。皮膚疾患の基本となります。


皮疹の症状
皮疹とは、皮膚に出る変化で、発疹のことです。症状としては、次のようなものがあります。紅斑、皮膚表面の血管が開いているものです。膨疹、蚊に刺されたような感じに盛り上がります。丘疹、細胞浸潤が起き小さい範囲で盛り上がりが出来ます。鱗屑、炎症などにより皮膚のターンオーバーが早くなります。色素沈着、皮膚にメラニンがたまります。その他にも、炎症後の色素珍沈着・水疱・潰瘍・白斑などがあります。

皮疹の原因
皮疹(ひしん)の原因は主に目で見える特徴や他の症状からも判断できます。一般的要因として、以下で述べる物質に接触した場合に起こるものが多いとされます。衣類に使用されている染料や化学物質、ゴム製品に使用されている化学物質、化粧品、デオドランド、アレルギー反応を引き起こす薬剤などさまざまあり、さらに麻疹の合併症として引き起こる場合もあります。

皮疹の検査と診断
皮疹の検査方法は、まずは患部の一部を削りとってみて、そこから細菌などが検出されないかどうかをチェックしてみます。顕微鏡によってすぐに見られればいいですが、それができなければ薬品によって発色させることも実行しなくてはいけません。ほかにも細菌を培養する方法があって、培地に細菌をこすりつけてみて、増殖するかどうかを観察します。

皮疹の治療方法
皮疹はいわゆる皮膚の湿疹であって、じんましんやアトピー性の皮膚炎などの様々な症状に応じた治療法を行います。じんましんなどの重症な皮膚炎にかかる前に、少しでも皮膚炎にかかるリスクを低下させるために、予防接種を行います。じんましんなどの皮膚炎にかかったら、皮膚科の病院に診察を受けて、じんましんを治す薬を体に塗ります。熱を下げる内服の投与もあります。

皮疹の初診に適した診療科目

皮疹の専門外来

皮疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ