脂腺母斑シセンボハン

脂腺母斑はどんな病気?
脂腺母斑とは生まれつき、頭部や顔にできるアザのことです。アザは表面がザラザラしていて、色は薄い黄色です。母斑部分には毛が生えないため、頭部にできる場合は脱毛班として気づくことが多いです。思春期になるとアザが盛り上がるケースもあります。放置したままで母斑の表面に変化が見られたときは皮膚がんなどになりやすいので、早めに外科手術する必要があります。なるべく早い時期に施術するようにします。


脂腺母斑の症状
脂腺母斑の症状は、出生時もしくは幼少時に主に頭や顔に黄色のあざがあることをいいます。乳幼児では、皮膚の表面は正常の色調で多少のおうとつざらざら感はありますが、脂腺の発達する思春期になると顆粒状に隆起し、褐色になってきます。頭皮にできると、毛がはえません。最初は指先ほどの大きさですが、体が大きくなると、あざも一緒に大きくなります。

脂腺母斑の原因
脂腺母斑とは生まれつき頭部に黄色の少し盛り上がった表面がざらざらしたあざができることです。このあざには良性のものと悪性のものがあります。原因は特になく生まれつきのものだと思うしかないです。体が大きくなるとあざも大きくなります。治療するには切除の手術を行わなくてはいけません。手術をしても手術の痕は残るので注意が必要です。

脂腺母斑の検査と診断
脂腺母斑は頭部から顔面にかけてできるあざの一種で、皮膚がんになる可能性のあるあざです。見た目が黄色味を帯びていて表面が少しざらついていますので、所見によって確認します。切除した際の検査方法として、悪性に変化していないかを見極めるために、顕微鏡を用いて切除したあざを検査します。この結果によって何事もなければ完治したということになります。

脂腺母斑の治療方法
脂腺母斑の治療法は、一般的には外科的な施術が行われます。外科という方法では、母斑そのものを切除するというもので、これは実際に切除したあとに縫い合わせるということをやるので、ある程度は跡になってしまいます。また、こうした治療をするときには、きちんと全身に麻酔を行き渡らせる必要がありますので、施術によっては入院が必要となる場合もあります。

脂腺母斑の初診に適した診療科目

脂腺母斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ