アイスクリーム頭痛アイスクリームズツウ

アイスクリーム頭痛はどんな病気?
アイスクリーム頭痛とは、アイスクリームやかき氷などの冷たいものを食べたときに起きる頭痛です。原因は、神経の中継場所の混乱によって、冷たさを伝える神経だけでなく、痛みを伝える神経も刺激してしまうという説と、頭の血管に一時的に炎症が起きてしまうという説、二通りの原因説があります。いずれにしても、症状を起こりにくくするためには、ゆっくりと食べることが大切です。


アイスクリーム頭痛の症状
かき氷やアイスなど冷たい物を食べる事によって、こめかみや後頭部などに痛みが生じる事を、正式名称とされるアイスクリーム頭痛と言います。神経の誤認識から来るもので、偏頭痛を持っている人は偏頭痛の無い人に比べると症状の出現も多く、痛みも数秒で治まるものが長く痛みを伴うと言われます。痛みが出た時は額に冷たい物を当てるか、舌を上口腔内に当て口の中を温めると治まります。

アイスクリーム頭痛の原因
冷たい物を食べると頭やこめかみが痛くなるのは関連痛という神経のご認知から来るもので、アイスクリーム頭痛もこの関連痛から起こります。喉に冷たい物が通る刺激が咽頭と呼ばれる部位を刺激する事で痛みと捉え、神経伝達の中核に伝達されます。冷たさと痛みを感じる神経は三叉神経核を乗り継いで脳に伝達され、三叉神経は伝達の途中経路でもある為、急激な強い刺激が感覚信号の伝達を混乱させ痛みを発生させる原因となっている。

アイスクリーム頭痛の検査と診断
アイスクリーム頭痛を引きした際に一般的に必要な検査方法は無いです。これは病気や薬が必要になる症状では無いからです。まず検査をする必要も無いのですから病院に行く必要もないです。頭痛が発生してもこれは直ぐに症状が収まります。もし病院で脳の検査を行ったとしてもその時にはもう症状がないと言う場合もあります。一瞬の片頭痛のようなものですから、検査は必要無いのです。

アイスクリーム頭痛の治療方法
アイスクリーム頭痛の多くは、冷たい食べ物や飲み物が飲みまれた後に素早く消えるといわれていますが、発症してしまったときに有効な治療法があります。それは氷などの冷たいものをおでこに当てることです。そうすることで頭痛が治まります。外出中であれば、冷水で冷やしたハンカチや冷たい飲料の入ったペットボトルなどを当ててみるのもよいでしょう。

アイスクリーム頭痛の初診に適した診療科目

アイスクリーム頭痛の専門外来

関連部位から他の病名を探す

アイスクリーム頭痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ