グラム陽性菌グラムヨウセイキン

グラム陽性菌はどんな病気?
グラム陽性菌とは、グラム染色により青紫色に染まる細菌のことをいい、ボツリヌス菌やブドウ球菌など60種類あります。細胞壁は一層でやや厚く、タンパク質性の菌毒を分泌するものもあります。多くは、しばしば人や環境に常在し、健常人にとってはほとんど問題ない弱毒菌ですが、免疫不全患者などにとっては、重い感染症を引き起こす引き起こす可能性があります。人間の病原細菌の多くは、グラム陰性菌です。

グラム陽性菌の症状
グラム陽性菌とは簡単に言えば、カビ菌のことでカビの菌が血中に入ることで起こる症状としては、高熱が出て悪寒がし嘔吐や食欲不振の状態になることが知られています。健康な状態の人であればこのような状態にまでなることは少ないのですが、子供やお年寄り、病み上がりの体内免疫が弱い人などはカビの菌を吸い込んだりするだけで重篤な状況に陥ることがあるのです。

グラム陽性菌の原因
グラム陽性菌は細菌であり感染しますが、その菌が原因で引き起こす病気は、中耳炎・心内膜炎・腹膜炎・丹毒など小児の細菌性気道炎となる溶連菌感染症、上気道炎・中耳炎・副鼻腔炎などの起炎菌で、乳幼児の肺炎となる肺炎球菌、皮膚症状・肺炎・敗血症・骨髄炎・関節炎などのブドウ球菌、吐き気・白血球増多・脱水症などのディフィシル菌があります。

グラム陽性菌の検査と診断
グラム陽性菌は色素液とエタノールを使ったグラム染色という方法で検査をおこないます。患者さんから採取した検体をシャーレで培養し、グラム染色をおこないます。染色後の検体を顕微鏡で観察すると、陰性菌は赤色に、陽性菌は濃い紫色に染まっています。検査方法自体はシンプルですが、菌の培養に時間がかかるため、検査結果が出るまでには2~3日を要します。

グラム陽性菌の治療方法
グラム陽性菌はMRSAやカビなどに属する菌のことです。この菌に感染したときの治療法としては、抗生物質の投与によって行なうことが多いのです。しかし、抗生物質に耐性をもつ菌をMRSAなどは持ちはじめているので安易に抗生物質を投与してしまうと耐性球菌を作る原因になるので、耐性球菌ができると治療のすべがなくなってしまうのです。

グラム陽性菌の初診に適した診療科目

グラム陽性菌に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ