蚊アレルギーカアレルギー

蚊アレルギーはどんな病気?
蚊アレルギーとは、蚊に刺されることにより、おこります。蚊が刺すときに唾液線物質によりアレルギー反応がおきます。反応は人により、異なります。また、刺された直後に反応する人や刺された翌日に、反応する人もいます。また、乳幼児のように免疫のない場合は、場合により、発熱や刺された箇所が水ぶくれになる場合もあり、とても、危険です。


蚊アレルギーの症状
蚊アレルギーの症状とは、一見すると蚊に刺されたときとよく似ていますが、ひどく長引いたり出方が重いと言った点が挙げられます。そのため、二週間から一ヶ月くらいの長い間、蚊に刺された箇所が治らずに長引いてしまいます。また、人によっては蚊に刺されたとは思えないほど刺された箇所が腫れ上がったり、赤紫色に変色するなど様々な出方がみられます。

蚊アレルギーの原因
蚊アレルギーの人はどういう原因で起こるのでしょうか。蚊に刺されると膨らんで発疹が出来、一種のアレルギー反応を起こします。それが、EBウィルスという抗体を日本人の8割が持っていますが、それを持っていない人が初めて感染した場合症状が慢性的に持続してしまします。蚊に刺された時の免疫反応とEBウィルスに感染に対しての反応作用したものをそう呼びます。

蚊アレルギーの検査と診断
蚊アレルギーかどうかを確認するのは、かなり困難であると考えられています。具体的にどのような検査方法があるかというと、まずは問診などにより、患部の大きさを確認します。アレルギーが原因の場合は、通常の虫刺されなどと比較して、腫れや炎症が大きいと考えられます。必要な場合は、アレルギー検査なども実施されることになりますが、そこまで必要とされない場合もあります。

蚊アレルギーの治療方法
「蚊アレルギー」の治療法として、まず、蚊に刺された箇所に抗ヒスタミン薬の外用薬やステロイド入りの抗ヒスタミン薬の外用薬を使用します。かゆみの症状が強い場合には、抗ヒスタミン薬の内服で治療する場合もあります。また、これらの薬が無い場合には、かきむしらない事や、刺された箇所を冷やす事で応急処置をしましょう。症状が酷い場合は医療機関を受診すべきです。

蚊アレルギーの初診に適した診療科目

蚊アレルギーの専門外来

蚊アレルギーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ