インスリノーマ

インスリノーマはどんな病気?
インスリノーマとは、ランゲルハンス島でインスリンを作り出すβ細胞が腫瘍化して低血糖症状を起こす病気です。このうち9割が良性ですが、まれに悪性のものもあります。主な症状は空腹時に起こる低血糖に自律神経が反応して興奮するために起こる冷や汗や動悸、手の震えなどで、更なる低血糖より脳の糖分が不足すると思考能力の低下などが見られ、放置しておくと昏睡状態になり、命の危険に陥ることもあります。


インスリノーマの症状
「インスリノーマ」の主な症状は、血液中のブドウ糖減少による低血糖です。低血糖に反応した自律神経の興奮により、毎食前や夜間などの空腹時に、発汗・ふるえ・動悸・不安感・飢餓感・頻脈が起こり、頭痛や眠気が現れる事もあります。低血糖が進むと、脳への糖供給不足からの思考能力低下や異常行動にまで発展し、重症の場合、痙攣発作や昏睡状態に陥る事があります。

インスリノーマの原因
インスリノーマとは発汗や痙攣等の強い低血糖症を起こす疾患です。膵臓でインスリンを分泌するランゲルハンス島細胞に出来た腫瘍により、インスリンが過剰分泌されることが原因とされています。通常は膵臓のベータ細胞が血液値に応じて適切量が分泌されるのですが、腫瘍によって適切量がわからなくなり、インスリンを過剰分泌するようになります。

インスリノーマの検査と診断
インスリノーマが疑われる場合の検査方法で一番わかりやすくなっていく検査が絶食試験とよばれるものです。この方法は72時間食事などをとらずに水分だけを摂取していくというもので採血を繰り返しおこなっていきます。その他のものとしては、超音波内視鏡検査がおこなわれていきます。また選択的動脈内刺激剤注入試験もおこなわれていきます。

インスリノーマの治療方法
インスリノーマの治療法は、膵臓の腫瘍切除です。腫瘍化した膵臓ランゲルハンス島のベータ細胞を切除することによって、病状の改善を図ることができます。しかし、状況によって腫瘍切除ができない場合には、ジアゾキシドを服用することによって、脾臓からのインスリン分泌を低下させる事が出来ます。また、オクトレオチドを注射することも有効な治療手段になります。

インスリノーマの初診に適した診療科目

インスリノーマに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ