唾石症ダセキショウ

唾石症はどんな病気?
唾石症とは、唾液腺または唾液管に結石ができ唾液が詰まる病気です。ほとんどの場合は顎下線に起こり、まれに耳下線に起こることがあります。食事の際に、結石があるため唾液を出すことができず、唾液線に溜まり激しい痛みと腫れが生じます。痛みや腫れは30分~1時間程度で収まりますが、食事をすると繰り返します。自然排出されることもありますが、そうでない場合は手術により摘出します。


唾石症の症状
唾石症では、唾液の通過に障害が起こります。結石のために唾液が口の中に出てこれないので、唾液は唾液腺の中に溜まってしまい唾液腺が腫れます。この症状は、唾液腺が刺激を受けやすい酸味のある食べ物で顕著に現れます。唾液腺の腫れは、食事の度に現れて食後しばらくすると治まるということを繰り返します。また病気が進行すると唾液腺の働きが鈍り唾液の分泌が減るため、口内の細菌が唾液腺に入り炎症を起こし膿が出ます。

唾石症の原因
唾石症のあきらかな原因はまだ不明ですが、唾液の排出管に入り込んでしまった異物や菌などを核として、そのまわりに唾液に含まれるカルシウムが沈着してできると考 えられています。治療のため取り出した石を割って みると、沈着したカルシウムが年輪のようにみ え、結石のできはじめは小さいのです が、自然に排出されないと次第に大きくなっていき、取り出すのが大変になります。

唾石症の検査と診断
唾液腺に、炭酸石灰や、リン酸石灰などを主成分とした石灰石を作ってしまって、唾液が出る菅に詰まってしまう、唾石症はどんな検査方法でわかるかといいますと、まずは、問診をして、患者さんの話を聞き、次に視診で眼で見て、触診をします。さらに、x腺検査、唾液腺の造影検査でも調べて確定的な診断をします。顎下線において一番多く発見されます。

唾石症の治療方法
唾石症の治療法は、ふつうはそれほど大規模なことをやったりすることなく、ただ唾液の線から石が排出されるのを待つという方法が利用されています。こうした治療のほかにも、口のなかから切り開いてみて取り出すという方法と、顎の下から皮膚を切り裂いてみて、そこから唾液腺とともに摘出するという方法があります。自然排出以外の場合には、入院しなくてはいけません。

唾石症の初診に適した診療科目

唾石症の専門外来

唾石症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ