hbvエイチビーブイ

hbvはどんな病気?
hbvとはB型肝炎を引き起こす原因となるウイルスのことです。母子感染や輸血、性行為感染などで感染しますが、多くの場合無症状のまま、気が付いたら急性肝炎を発症していた、という事態に陥ります。肝炎は肝臓の細胞が破壊されて、肝臓の働きが悪くなる病気で、悪化するとB型肝炎ウイルスが増殖して、肝硬変や肝臓がんへ進行する可能性があります。

hbvの症状
hbvとはB型肝炎のことで、B型肝炎ウイルスが肝臓に炎症を起させ、肝硬変や肝臓がんまで至ることがある病気のことです。主な症状としては、何もない状況がよくあるので発見があくれることがよくあります。またあったとしても体がだるかったり発熱が続いたりといったカゼと間違いやすい状態なので医療機関を受診することが遅れることがよくあります。

hbvの原因
hbvの感染原因として、主に垂直感染と水平感染があります。垂直感染とは、母子感染のことであり、赤ちゃんが母親のおなかのなかにいるときに母親が持っているウイルスに感染するという先天的な感染方法です。そして、水平感染とは性行為や輸血、臓器移植など後天的なものによる感染です。かつては、幼児期における輸血による感染が多かったが、現在の先進国ではほとんど見られなくなった。

hbvの検査と診断
hbvとはB型肝炎ウイルスのことで、主に血液や体液などによって感染することが知られている病気です。この病気はB型肝炎ウイルスによって肝炎から肝硬変や肝臓がんにまで波及してしまう恐ろしい病気なのです。このウイルスの検査方法としては、血液検査でB型肝炎ウイルスを検査する方法をとります。今の血液検査の精度100パーセント検出できます。

hbvの治療方法
hbvはB型肝炎ウイルスのことで、放置しておくと肝炎から肝硬変に転移し最終的には肝がんにまで進展してしまうものです。このウイルスの治療法としては、インターフェロンという薬剤とリバビリンという薬剤を同時に組み合わせて投薬していくリバビリン療法を用いることでかなりの治療効果をあげています。治療期間が半年間であれば保険対象になります。

hbvの初診に適した診療科目

hbvの専門外来

hbvに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ