急性胃炎キュウセイイエン

急性胃炎はどんな病気?
急性胃炎とは急激なストレスや暴飲暴食によって起こるもので、胃のあたりに不快感やむかつきを覚える症状です。症状が重い場合食欲不振にも繋がるので注意が必要です。治療には市販の薬を、1日~2日飲むと治ります。対処方法は、日頃からストレスのない生活をおくるのと、無理な食事をしないことです。すぐに胃が痛くなるので注意が必要です。


急性胃炎の症状
急性胃炎の症状としては、身体の上腹部である、みぞおち周辺にずっしりと重たくて苦しい痛みが生じ、急激な吐き気を催したり、げっぷが出たりします。ひどい場合には、吐血をしたり、下血をすることもあります。吐き気や激しい痛みにともない、食欲不振になり、栄養不足に陥ることもあります。また、状態によっては、高熱をともなうこともあります。

急性胃炎の原因
一般的に知られている急性胃炎の原因には様々なものがあります。その中で一番大きな割合を占めるのが胃に対して負担の大きな刺激の強い食べ物や飲み物を過剰に摂取する事によって起きるものです。例えばコーヒーやきつい酒、香辛料を多く使った料理などの飲食がこれに当たります。他に過剰なストレスによるものや薬の副作用、食中毒を始めとした細菌やウイルスへの感染も挙げられます。

急性胃炎の検査と診断
急性胃炎の検査方法は、問診やあるいは触診でも症状により診断に予測がつきやすいのですが、胃の粘膜の状態を確認するためにバリウム検査や内視鏡検査が行われます。精度の高い内視鏡検査が多くなりました。内視鏡の観察で診断は比較的容易です。内視鏡に付属する器具で胃の組織を採取して詳しく病理組織を検査する生検が行われることもあります。

急性胃炎の治療方法
急性胃炎の治療法とは、大きくわけると4つあります。ひとつは水分をとることで、下痢や嘔吐が繰り返されて消耗した水分をきちんと補給するというものです。もうひとつは対症療法としての下痢止めや吐き気をとめる薬を飲まないというもので、これもまた水分をなくさないことが目的です。食事を控えるというのも重要なものであり、胃をいたわるためにはしばらく空っぽにしておかなくてはいけません。

急性胃炎の初診に適した診療科目

急性胃炎の専門外来

急性胃炎の専門医

急性胃炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ