アルコール性肝炎アルコールセイカンエン

アルコール性肝炎はどんな病気?
アルコール性肝炎とは、大量のアルコール摂取を続けることによって肝臓の細胞の変化や壊死等が起こり、肝臓の働きが衰えることを言います。症状はないことが多い為、検査での発見が多いですが、右上腹部鈍痛や食欲不振、吐き気などの症状がある場合もあります。病状の進行としては、脂肪肝から肝炎、肝繊維症となり、肝硬変に至ります。ウイルス性肝炎を合併していると、肝硬変への進行が早まります。


アルコール性肝炎の症状
酒は百薬の長と言われますが、長年にわたって、連日、大量のアルコールを摂取し続けることは、やがて病気になってしまいます。アルコールが原因とされる病気に、アルコール性肝炎があります。主な症状は、長年大量のアルコールを摂取し、より多くのアルコールを飲めるようになります。肝細胞の変化が続くようになり、それが壊死、変性します。後に、肝臓の働きが衰えてきます。とにかく、こうなれば、禁酒が何より大切です。

アルコール性肝炎の原因
アルコール性肝炎の原因とはアルコールの過剰摂取により引き起こされます。肝臓はアルコールを分解する機能をもつ器官ですが、大量のアルコールを摂取する事により炎症を起こしてしまうのです。過剰な量を摂取すると肝臓のアルコールを分解する働きが追いつかなくなるのです。それにより肝臓に負担がかかり肝臓は弱ります。更に酷くなれば炎症を起こしてしまうのです。

アルコール性肝炎の検査と診断
アルコール性肝炎の検査方法は、通常の健康診断で使う尿検査と血液検査から始まります。その結果を見て、この病気の疑いがあるような場合には、肝臓の超音波エコー検査をしたり、CTスキャンによる断層撮影検査などにうつります。この際、肝臓で機能している酵素GOTやy-GTP、GPTの値をチェックし、肝臓の機能に障害がないかを確認します。

アルコール性肝炎の治療方法
アルコール性肝炎の治療法は禁酒をすることが基本で、アルコールは一切カットされます。治療期間は一滴も酒を飲んではならず、肝臓に優しい食事で肝臓をいたわることが唯一の治療です。消化能力が落ちている時はサプリメントで栄養を補い肝臓に余計な負担をかけないようにします。食事管理を徹底するために入院するのが一般的で、血液検査を頻繁に行います。

アルコール性肝炎の初診に適した診療科目

アルコール性肝炎の専門外来

アルコール性肝炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ