うっ血性心不全ウッケツセイシンフゼン

うっ血性心不全はどんな病気?
うっ血性心不全は、様々な原因疾患により心臓のポンプとしての機能が低下し、心拍出量の低下や末梢の循環不全、肺や体静脈系のうっ血をきたす病態を言います。呼吸困難や息切れが見られ、特に呼吸困難は夜間にひどくなり、起き上がると軽快することが多いです。また、全身のむくみ、体重増加、冷や汗、食欲の低下、みぞおちの痛みといった症状も見られます。


うっ血性心不全の症状
うっ血性心不全で起きる症状は基本的に呼吸困難ですが、左心室の機能不全によるものか、右心室の機能不全によるものにより、大分変わってきます。左心系の場合、体循環を担当している事から諸臓器の血流低下が発生し、心拍出量低下による血圧低下や、左房圧上昇による肺うっ血が起きます。右心系の場合は静脈系のうっ血が主体となり、その他では腹水、肝腫大、静脈怒張の循環の不良が起きます。

うっ血性心不全の原因
うっ血性心不全の原因は、高血圧や虚血性心疾患、アルコール性の心筋症、心臓弁膜症などの血圧や心臓の機能に関係した疾患がもととなり、発症します。こうした疾患を治療しなかったり、治療していてもなかなか完治しなかったり、疾患に気づかなかったりして長期間にわたって続いてしまうと、心臓の働きや動きが弱まってしまい、さらに発症しやすくなってします。

うっ血性心不全の検査と診断
うっ血性心不全の検査方法に関する事項です。まずは、患者がこの病気にかかった原因や経緯を、医師に説明し、それが急に生じたものなのか、それとも以前からあったものが徐々にひどくなっていったものなのかを判断する材料を提供します。その後、血圧の検査、心電図の作成、場合によっては心臓カテーテル検査を行い、最終的な診断がなされます。

うっ血性心不全の治療方法
うっ血性心不全の治療法は、急性や重症の時は入院して心電図、血圧、状態により心臓カテーテル検査を行い、酸素、心臓、利尿薬のポンプを強める強心薬が使われます。軽症や症状がゆっくり進行している場合は、薬物療法となります。余分な塩分や水分を排出するのに利尿薬や、心臓のポンプ作用を強め、心拍を安定する為ににジゴキシンが使われます。

うっ血性心不全の初診に適した診療科目

うっ血性心不全の専門外来

うっ血性心不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ